Jamieson’s of ShetlandのSpindrift

先日編込みの実演写真をアップしましたが、そのときに使ったスウェーデンカラーの糸はJamieson’s of ShetlandのSpindriftという糸でした。ずいぶん前に、娘に編込みの手袋でも編もうと思って購入したのですが、他のものが編みたくなって放置(このようにして在庫糸は増えていくのですね^^;)。
チュートリアルを作り始めたときに、Holst Garnでは細くて見づらい(上に編みにくい)なと思って、引越しのダンボールから引っ張り出してきたのでした。

昔撮ったお写真を。

Peacock & Mustard

他にも“娘用”の色も買いました。

Lipstick & Orchid

これはこの間お見せしたモチーフ。

他にもいろいろと練習したのですよ^^。

この糸を編んでいて思ったのは、本当に編込み用の糸なんだなということ。
編んだものの写真を見てもらえばわかるように(クリックすると大きくなります)、ふんわりとした糸を2本撚りにしてあり、細かい繊維が出ていて、これが絡み合うのです。Holst Garnも絡む、と以前に書いたことがありますが、それよりもさらに絡みます。一度編みこむともう動きません!という感じです。裏で渡すときには、よほど間が開いていない限り交差させなくていい糸だと思います。
さてこの糸、編み心地はわりとドライで、Holst Garnがガサガサなら、パサパサ、ポソポソとしている感じ。素朴で、メリノのような心地よさはありません。
でも、編地を首の肌に当ててみると不思議なことにほとんどチクチクしないのです。これにはちょっと驚きました。

実は去年、MOORITさんの『こんな糸で編んでみたい』を読んで糸についてもっと知りたいと思いに火がつき、The Fleece and Fiber Sourcebook – More Than 200 Fibers from Animal to Spun Yarn という本を誕生日にプレゼントしてもらいました。とても内容の濃い本で、羊の品種ごとにその歴史や特性、紡ぎや染色時の注意点、最適な使用法(カーペット向け、手編み向け、手編みならアウター、インナー向けかなど)などが細かく載っています。写真が多く、羊は品種ごとの写真が載っていて、見ているだけでも楽しいのですが、400ページもある本で、数ヶ月かけて読破しました(紡ぎの注意点はちょっと飛ばしたけれど)。

著者のDeborah RobsonさんとCarol Ekariusさんはスピナーの間では有名な方のよう。他にもスピナー向けにもう少しハンディーな本も出しています。この本は私にはちょっとレベルが高すぎるくらいでしたが、ウールに関しては”真打ち”と言える本だと思います。それぞれの品種のウールを集め、洗って紡いで報告しているのですよ。その調査の徹底ぶりには脱帽!です。

さて、この本にもちろんシェットランドシープのことが書いてあるのですが、巻頭の「初心者向け品種別分類」ではシェットランドウールは柔らかいウールに分類されているのです。でもSpindriftはあんまり柔らかくないんだけれどな~と思いながら編んでいたのでしたが、シェットランドシープには、繊維が細くシルキーで柔らかいウールもあれば、それよりももう少し太く粗いウールもあるそう。前者は指輪に通ってしまうくらい繊細な「リングショール」を編む糸で、柔らかい毛を産する羊の特に柔らかい首の部分を使った糸。後者は編込みをするための糸。でも全体としてはメリノに近い細さ(平均23ミクロン)なのだそうです。だからスルスルした柔らかさがなくてもチクチクしないのかなという結論に達しました。

Jamieson’s of Shetlandは、Jamieson & Smithと並ぶシェットランドのメーカー。
J & SさんはナチュラルカラーのJumper weight Supremeが有名ですが、Jamieson’sさんの同じカテゴリーのSpindriftはカラーバリエがより豊富(シェードカードをポチリそうになりましたよ^^;)。どちらも繊細なショールを編むための糸という感じではないですが、編込みでなくても素朴な糸が似合うデザインにはまた使ってみたい糸です。

なんだか糸レポなんだか本レポなんだかよくわからなくなってしまいましたが、おつき合いありがとうございました。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

苔ミトンは迷走中

先日リリースしたMosiミトンですが、デザイナーのエレーヌ・マグヌッソンさんがプロデュースした糸Grýlaのレポをした際に、自分でも作る予定です♪と宣言していました。

翻訳、テストニット、リリース編込みのチュートリアル(皆さん、リアクションありがとうございました^^)のサンプル作り(の練習)の傍ら、ひっそりと編んではいたのですが、ゲージが合わなかったり、配色が気に入らなかったりして全然進んでいません(p_p)。

まずゲージを取らずに3号(3mm)の針で編んでみたバージョン。
wip-mosi-take1
霜降りっぽくなるようにSky blueを地色に、Indigo Blue、Whiteを配色にしてパターンどおりに編んだんですが、色合わせが気に食わず、しかも大きすぎてボツ。
ゲージを取らないとこういうことになるので皆さん気をつけましょう!

お次はオリジナルと同じような配色で、グリーンをブルーに変えてみたバージョンwip-mosi-take2
実は、黒い糸を使ったのは初めてだったのですが、あまりのインパクトの強さに驚きました。他の色に比べてものすごく目立ちます。上側で渡して他の色が出るようにしたのですけれどね。
このバージョンはKnit Proの2.5mmの4本針を使って編んだら、悪くはないんだけれど微妙に大きい感じ。
なんだか黒が勝ちすぎてもともとの「霜降り」ミトンというイメージからは程遠いのでまたもやほどきました。

現在編んでいるのはこのバージョン。
wip-mosi-take3
同じくKnit Proのノバメタル、2.5mm 60cm輪針を使って編んでいます。Knit Proもこれくらいの細さになると付け替え針はありませんね。60cmなのはマジックループが出来る長さが欲しいから、ノバメタルなのは折れないから^^。4本針は細いものでもシンフォニーで揃えていますが、付け替え針の細い号は折れないノバメタルを買い足しました。最初はもちろんかわいいシンフォニーのスターターセットから入りましたよ^^。
Knit Proは折れるという評判もありますが、私は幸い編んでいて折れたことはありません(上に座ってしまって折れたことはあります。片づけ苦手です)。
個人的に、Knit Proの針を使うと同じ号でも他のメーカーの針で編むよりもゲージが小さくなってしまうのですが、輪針でマジックループにすると4本針よりもさらに目が詰まった感じになります。ノバメタルがシンフォニーよりすべりやすいからかな?
脱線しましたが、試すと親指がまだ開いていないので手を押し込んでいる感じなんですが、模様が横に伸びます。今度はビミョウに小さい?!
色づかいはオリジナルの地色、配色1・2の組み合わせを全く無視し、Excelで何パターンかお絵かき、いや色合わせをしてみて決めました。
霜降りというイメージには一番近いのですが、何となく自分的には色が薄すぎるかなあ・・・と思い、解いて黒を使ったバージョンを編みなおそうか、悶々としております。
黒系がやっぱり自分には一番使いやすいかしら?
色合わせって難しいですね。

ニットプロ ノバメタル 輪針60cm 0号~4号

ニットプロ ノバメタル 輪針60cm 0号~4号
価格:816円(税込、送料別)

日本のニットプロは日本の号数展開なのですね。いいないいな~。

最近実は別の指ありの手袋が編みたくなってきました。がんばって決断して早く終わらせるようにします!
最後までおつき合いいただき、ありがとうございました^^。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

編込みの糸の構え方

先日リリースした編込みミトンStarriMosiですが、そのときにパターン内のチュートリアルに編込みの時の糸の構え方についての新発見があった、と申し上げました。
今日はその新知識についてレポしたいと思います。

日本のニッターさんはフランス式に編み糸を左手にかける方が多いので、日本で出版された本には編込みの配色の糸を右手にかけましょう、と書いてあるものがほとんどですよね。このように構えると、裏から見ると地色が下側、配色が上側に渡るようになります。
日本ではこれが一般常識だと思うのですが(編み物講師のcozysunnydayさんにも聞いてみました)、StarriとMosiのチュートリアルには、「下側で渡した色が優って出ます」、と書いてあるのですね。
cozyさんはまた賢くなった♪と素直に思われたそうですが、haruhinaさんと私はかなりの衝撃を受けました。チュートリアルに載っている写真も、配色を上側で渡した場合と下側で渡した場合では、模様の出方の差が明らかなのです。
と言うことは、配色が上と習って来た日本のニッターさんは模様が目立なくって、損をしているということ?!
これは皆さんにお伝えしなければならないと思い、編込みが下手ながらも実例写真を作ってみました。
[Read more...]

コリガン・ブランケット完成


先日の編み物ご報告で編みあがり画像をアップしたコリガン・ブランケットですが、水通しを済ませました。
ブロッキング、と言えないのは、ブロッキング用のマットを持っていなくって、このような“デカい”ものをうまくブロッキングできなかったのですね(でもKnit Proのブロッキングマットでも無理なサイズだったかも)。
そんなわけで適当に角を引っ張って干し、真中のしわが取れるようにしました。

で何とか出来上がったのがこちらです。

[Read more...]

編込みミトンStarriとMosiを同時リリースしました!

皆さん、こんにちは。

先日cozysunnydayさんとharuhinaさんにテストニットをお願いした(ばかりな気がするんですが)編込みミトン2点を、同時リリースいたします。

cozyさんに編んでいただいたのはセルブーカラーの、小鳥がかわいいStarri。モノトーンの中に、小鳥がついばむ赤い実(rowanなり)が映えるデザインです。
Starri2  
皆さんご存知のとおり、驚異的(°o°)なスピードで完成されましたね。
もともと編込みがお好きなcozyさんですが、やっぱりこのデザインは模様が楽しくってどんどん進むそうです!
個人的には手の甲側と手のひら側で表情が全く異なるのも侮れない、と思います。

haruhinaさんにテストしていただいたのは、オリジナルが渋め苔カラーのMosi。
Starriはオリジナルの色どおりに編むのがやっぱり一番ステキで、赤い実がきれいに出ると思うのですが、こちらはシンプルな幾何学模様なので、色で遊んでみたいところ。
Mosi3  
haruhinaさんはいろいろと配色を考えられて、最終的にかわいらしいオランダトリコロール(?)カラーに決定されました。渋めミトンも配色でこんなに印象が変わるんですね!

ミトンはどちらもゲージが30目34段。
手回りはStarriが19cm。Mosiは20cmと平均的な日本女性の手回りより大きめですが、haruhinaさんのご報告にもあるように、針の号数を変えて調節します。こちらは段数も(4段ですが)調節可能です。もっと渋めカラーにすると男性でもOKかも?
cozyさんがStarriに使われたのは入手しやすいハマナカさんの純毛中細。haruhinaさんは、針を変えればゲージが簡単に変わる万能糸、Holst GarnのSupersoftとIsagerのHighlandだそうです。

ところでこのパターン、模様は図がついているのはもちろんですが、テクニックのチュートリアルもついています。
その中で編込みのときの糸の構え方について、私たち3人(テストニッターさんと私)が初めて知ったことが書かれています。かなり衝撃的(°o°)な内容だったので、皆さんに別の機会にお知らせしたいと思います(編込み下手ですががんばってチュートリアルを作りたいと思います)。

パターンはこちらから
Mosi[HM009]Starri[HM010]

いつもありがとうございます^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

Tubularityリリースしました!

皆さん、こんにちは。

大変お待たせいたしておりましたが、Knits nestのSayakaさんにテストしていただいたTubularityをリリースいたします。
Sayakaさんの着画をご覧いただいた方はご存知のように、Tubularityは使い回しがバツグンにきくアイテム。

このような↓チューブを編み、
Tubularity5

頭からかぶって長めのカウルにしてもいいし、
Tubularity1

ボタンを留めればショルダーウォーマーのようにもなります。
Tubularity2
ボタンは3つつけるので、留める位置を変えればマフラーのようにも使えます(マフラー版はSayakaさんの着画をご覧下さいね)。

この作品、112mを7色使っていて、800m近くと編む量は多いのですが、ヌーヴェン同様ペースの落ちる裏編みは全くありません!
始めと終わりはガーター編みを平編みで、真中のチューブの部分は輪編みでメリヤス編みします。
色替えもあるので、次の色に進むのが楽しくて、どんどん進むと思いますよ。

パターンはこちらから:Tubularity[MB012]

Sayakaさんは、サイズを小さくして子ども用にもいいかもと書かれていますが、これは真似したいアイデアですね。
マフラーをしたがらない子どもにはカウルをさせますが、カウルはピッタリ目でないと首元が結構寒いのですよね。これくらいのボリュームがあると、そのようなこともなさそう。
Sayakaさんはトリコ市等でのデザイナーさんとしての活動もスタートされてお忙しい中、当店のご協力いただきました。
本当にありがとうございましたm(__)m。

次はStarriミトンをリリースの予定です!cozysunnydayさんの完成作をチェックして下さいね。

いつもありがとうございます♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

編込みミトン2点のテストニットをお願いしました

皆さん、こんにちは。

先日プライベート編みの記事でちらっとお知らせしましたが、エレーヌ・マグヌッソンさんのGryla Collectionから編込みミトン2点のテストニットをお願いしました。
1点は、個人的にも編む予定で糸も買ってあるMosi。北欧らしい幾何学模様をアイスランドの溶岩原に生える柔らかな苔の色で編まれた作品です。
Mosi3 Mosi2
テストニッターさんは編込みのお上手なharuhinaさんお嬢さんの通園ベストがとってもかわいい!)。
以前から左利きだとはうかがっていたのですが、どうやって編まれるのか聞いてみました!
やっぱり左から右に逆に編んでいかれるそうで、左右非対称な作品だと読み替えが必要なのだとか。今回お願いするパターンは左右対称なので問題ないそう^^。
シンプルなデザインなので、早速、配色を考えて遊ばれていらっしゃるそうです。

もう1点はStarri。
Starri1 Starri3
アイスランドにも伝わる白黒のセルブーミトンをアレンジした作品ですが、幾何学模様でなく、赤いナナカマド(rowan!)の実をついばむ小鳥をあしらっています。カフに透かし模様が入っていたりと、フェミニンな印象ですね。赤い実は最後に刺繍をして仕上げます。
テストしていただくのは千葉でお教室を開かれているcozysunnydayさん。cozyさんも編込みがお好きで、テストニットのご相談をしたところ、即答いただきました^^。

お二人の作品をお楽しみに~。

いつもありがとうございます♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

アイスランドの毛糸

先日毛糸を買っていないわけではないと書きましたが、それでもそんなには買っていません。ラベリーの“Stash”のページを見ると買ったけど使っていない糸(マラブリゴ多め)が多くて、買っちゃダメ!と自分を戒めているのです。

それでもやっぱり買ってしまった糸がありまして、エレーヌ・マグヌッソンさんがプロデュースしているGrýlaという糸。
厳選したアイスランド羊のニューウールのみを使っているそうです(エレーヌさん曰く、Istexの糸は必ずしもアイスランドウール100%でなかったり、ニューウール100%でなかったりするのだそう)。
25gかせにつき122mで、ゲージが30目くらいの細めの合細ですが、2本の糸を撚ってあるのでしっかりとしていて、手袋などの摩擦にも耐えられるそう。

薀蓄(?)はこのくらいにして写真行きましょう。

Indigo Blue


Black


White


Sky Blue

細い糸なのでレットロピーほどはっきりとわかりませんが、起毛しています。洗うとこの「毛羽」がさらにふんわりするそう。
わりと硬いドライな糸なので、水通しに期待大です。

Mosi2
最近は(以前からだったりするんですが)、「これを作る!」と決めてから毛糸を買うようにしているのですが、作りたいのは同じくエレーヌさんのパターン。
Grýlaに合わせてデザインされたミトンで、Mosiと言います。アイスランド語で苔だそう。
伝統的な北欧ミトンを火山の国、アイスランドの溶岩原に生える苔の色で編まれている(背景に見えるのがその苔です)のですが、これを霜降りなバージョンで編みたいという気持ちがムラムラと湧いて来てしまったのですね。

それで青系の糸を買ってみたわけですが、3色の組み合わせをどうするかで迷っています。
霜降りならこの3色がいいかと思うのですが、

次の3色の方が私的には使いやすいかも。。。

往復編みで編込みするのヤダなと思いつつ、まだスワッチを編んでいません。

Starri1
ところでこのパターン自分でも編みますが、近日リリースの予定で今テストニットを打診中です。
エレーヌさんのGrýla Collectionからはもう1点、小鳥がかわいいStarriのテストニットも近日始動します。
お楽しみに!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

最近の編み物ご報告

最近プライベートの編み物の記録をつけていませんでしたが、編んでないわけではないのです。
糸を買っていないわけでもないのです。
でもわざわざブログに書かなくてもいいか、と一度思ってしまうと、書かなくなってしまうものなのですね。
サボりぐせがつくと人間とことんサボってしまうものです;。

気を取り直して最近の編みかけ&編み終わり作品のご報告です。

まずは先日公開させていただいたフリーパターン、Some Cloudy Day
編み始めはこんなでしたが、
wip-somecloudydays

伸びました!

でも一つ出来ただけで次の作品を編み始めてしまったので、まだ片一方だけです。
ステファニーさんがパターンで“2つ作るのを忘れないでね。☺”って言っていますが、そのとおりになってしまっています^^;。
もう一方をがんばって編みます。

お次。

引越し中に編んでいた、ボーイズプルLancelotのワンピバージョン。
ずいぶん前に編み終わった後放置し、がんばって糸始末をした後また放置されていた作品。
今はボタンがついているので、今度着画をアップしたいと思います。

もう一点。
昨年末のアルパカ系糸のセールでゲットしたDropsの糸で編んだコリガン・ブランケット

編んだばかりでブロッキングをしていないので形がいびつですが、とても暖かいひざかけ(仕事&テレビ観賞-編み物用^^)が出来ました。
ブロッキングが終わったら別途レポしたいと思います。

こう並べてみると、お店のパターンばかり編んでいますね。
でもお店で出しているパターンは独断と偏見に基づいて選んだ作品なので、どれも好きなものなのです。Lucky (me)用の糸も買いました^^(やっと編める~!)。
編み始めたらもう少し真面目にブログをつけるようにします。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ