プルGrand LargeとPetit Largeのテストをお願いしました

皆さん、こんにちは。
今回は新作のテストニットのお知らせです^^。

テストしていただくのはHeaven Mitts が人気のジュリーさんのセーター。
大人、子ども、ベビー版があり、それぞれGrand Large(グラン・ラルジュ)、Petit Large(プチ・ラルジュ)、Tout Petit Large(トゥープチ・ラルジュ)と言い、これから春に活躍する薄手のプルです。
Read more…

アイスランドの伏せ止め

皆さん、こんにちは。

ずいぶん前にドイツのねじり作り目という作り目をさらっと紹介したことがありますが、先日この作り目に合う伏せ止めの仕方を見つける必要がありました。
ご存知の方も多いと思いますが、ドイツのねじり作り目というのは普通の指でかける作り目よりも伸縮性があり、かつ指でかける作り目の手軽さもあり、ゴム編みの作り目が苦手な人(←私)にはありがたい方法なのです。
一ひねり加えて目を作るので、普通の作り目(写真右側)より高さが出て(左側)、目の形も裏目を編んだようになります。
Read more…

Petit Arc-en-Cielのテストニットをお願いしました

皆さん、こんにちは。
久々のテストニットのお知らせです^^。

当店ではLucky (me)が特に人気のソレン・クイクス=ロアレールさんですが、ソレンさんは仏とポルトガル産のオーガニックメリノから作った糸を販売するショップDe Rerum Naturaのオーナーさんでもあり、最近はなかなかデザイン活動をされるお時間がないのだとか。
そんな中でなんとしても出したかったという新作が、当店でも女の子版を販売しておりますカーディガンDemoiselle Arc-en-Cielのベビー版です。
little-rainbow_medium2 demoiselleAEC1

こちらをCozy Room Annexのcozysunnydayさんにテストしていただけることになりました!
cozyさんも最近はYarnaholicさんと千葉でワークショップの先生をされたり、自作のペットボトルホルダーが大人気で、その製作にお忙しいのですが、テストをご快諾いただきました。cozyさん、ありがとうございますm(__)m。
2人目のお嬢さんもすでに2才近くで、ベビーものをテストしていただけるのもこれが最後。。。子供が大きくなるのは早いものですね。

略してPetit AECはDe Rerum Naturaで新しく出されたUlysseという合太メリノ糸で編むパターンですが、cozyさんはコットン糸で編まれるそうです。日本では春から秋まで使えて、洗いやすく、グッドチョイスですね。
早速糸の写真をアップしていただいているので、ぜひご覧下さいね→Cozyさんのブログ

小さなお子さん、お孫さんのいる皆さん、楽しみにお待ち下さいね!

ブリオッシュ編み考~その3

fo-ferocious-briocheous-small皆さん、こんにちは。

先日より1色のブリオッシュ編みについて長い独り言をアップしておりますが、もう1点補足しておきたいことがあります。
それは最後の目の止め方についてです。
Ferocious Briocheousのようにカウルにする場合は当てはまらないのですが、マフラーにしてみたいという方には参考にしていただければと思います。

マフラー版Ferocious Briocheous は、1目ゴム編みの作り目で編み始めましたが、目を止める時もやっぱり1目ゴム編み止めにしました。
まずは日本の編み物本を参考に伏せ止めを始めたのですが、作り目と並べると、なんだか違う。
作り目をしたときは、針に糸を巻きつけて(という感じですよね)目を作った後、表目、浮き目というのを2段くり返しています。
なのでゴム編みの目の内側に浮き目にしたときの糸が渡っているのが見えるのですが、止めは編み終わった後すぐに始めてしまったので、この裏を渡る糸がなくて完全な対称にはならないのですね。

そんなわけでまたもやGoogleさんのお世話になりました。
1目ゴム編み止めはTubular Bind Off(とかItalian BOとかInvisible Ribbed BOとか・・・)と言いますが、これをキーワードに検索して見つけた動画がこちら(英語です)。
Tubular BOの動画の多くは1目ゴム編みを編み終えた後、すぐにとじ針でとじてしまっているものが多いのですが、このCheryl Brunetteさんという優しそうな年配の女性が説明している方法では、まず針をやや細いものに替えて表目、浮き目を2段編んでからとじるのです。

そしてこの方法だと作り目(グレー)と目の止め(ボルドー)がぴったり合いました~(下手ですけど~;)。
tubular-co-bo

実は私、1目ゴム編み止めは大の苦手なのです。
本とにらめっこをしながら何度か練習したことがあるのですが、目に針を入れる向きをどうしても覚えられなくって、苦手意識を払拭できないのでした。
上記の動画だと、Cherylさんは「針を右から入れるのが3回、左から入れるのは1回だけよ~」と説明していて、これがツボに利くようにスッと頭に入ったのでした(ただし針から目を落とすタイミングがずれると、これは当てはまらないのでご注意下さいね)。
そしてCherylさんは「覚えようとしなくてもいいのよ~」とも言うのです。ご自身も1目ゴム編みとじは頻繁に使うスキルではないので、その都度調べる必要があるのだそう。
これを聞いて、なんだかとても気持ちが楽になりました^^。
だから頭に入ったのかな?(お調子者だ;)
英語だし、針の構え方がアメリカ式ですけれどおススメです。動画は見ればわかるという強みがありますよね。

独り言リンクもまとめておきますね。
ブリオッシュ編み考~その1
ブリオッシュ編み考~その2

いつもおつきあいいただき、ありがとうございます^^。

フリーパターンFerocious Briocheousをアップしました

ferocious-briocheous-2
皆さん、大変お待たせいたしました!
先日よりお約束しておりましたスティーブン・ウェストさんのフリーパターンFerocious Briocheous をアップいたしました~。
当店のフリーパターンページよりダウンロードしていただけます。

Ferocious Briocheousは、世界でブリオッシュ編みブームを到来させたスティーブン氏が初めてブリオッシュ編みに挑戦された、記念すべき?作品です。
マフラーのように真っ直ぐ編み、片端をひねってはいでメビウスの輪状にします。

私n’amiもブリオッシュ編みはこれがお初で、いろいろと試行錯誤をした過程を先日よりつぶやいておりますので、特にブリオッシュ編みビギナーの方は参考にしていただければ幸いです。
ブリオッシュ編み考~その1
ブリオッシュ編み考~その2

なお、糸さばきは日本ではフランス式で編まれる方が多いことを前提に訳出しております。アメリカ式を前提とした英語の説明とはやや異なりますのでご了承下さい(詳しくはブリオッシュ編み考~その1をご覧下さい)。

皆さんもブリオッシュ編みの一歩を踏み出しましょう^^!

ブリオッシュ編み考(?)~その2

皆さん、こんにちは。
先日は1色のブリオッシュ編みについてまたまた長い記事を書いてしまいましたが、今回は(記事を書いているうちに完成してしまった)ブリオッシュ編みマフラーについてです。

マフラーはスティーヴン・ウェストさんのフリーパターンFerocious Briocheousをベースにしているのですが、こちらはもともとはスヌードのパターンです。マフラーにするにあたっていろいろと変更をし、ブリオッシュ編み自体にかかわる点もあるので、一応前回の続きとしてまとめておきます。 Read more…

ブリオッシュ編み考~その1

皆さん、こんにちは。
先日の記事で、スティーブン・ウェストさんのFerocious Briocheousをベースにブリオッシュ編みのマフラー中を作成中であるとご報告いたしました。
マフラーはただいま成長中です。
4色を使って編むパターンで、1色を使い切ってから次の色に移るのですが、他の3色が編み物バッグにスタンバイしているのに同じ色で編み続けることに倦んでしまって計画変更。それぞれの色の長さをバラバラにすることにして、続きを編んでいます。
Read more…

明けましておめでとうございます

皆さま、遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。
2015年も皆さまの応援をいただきまして、充実した一年となりました。
お客様のリクエストでリリースしたFrench Cancanが大ヒットにつながったり、Facebookのファン数が増えたり(いいね!してくださった皆さん、ありがとうございます!)、また新しいデザイナーさん、ブロガーさんとの出会いもありました。
いつもお世話になっているブロガーさんにはこの場をお借りしてお礼を申し上げます。
2016年も皆さまに編んで楽しいパターンをお届けできるよう精進してまいりますので、暖かく見守っていただければ幸いです。皆さま本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Read more…