ショールLil & Loveをリリースしました

lilove2

皆さん、こんにちは。
大変お待たせいたしましたが、先日eritmlさんにテストしていただいたLil & Loveショールのリリースします!

Lil & Loveショールはボーダーと繊細なレースの組み合わせが新鮮なショール。
当店ではGrand Largeが人気のジュリーさんの作品の中でも、特に人気の高いショールなのだそうです。 Read more …

non troppoストール、リリースです!

皆さん、こんにちは。

9月末よりテストをしていただいていたnon troppoショールですが、皆さんmusicomusicoさんの完成作品はご覧いただけたでしょうか?
当店のFBで記事をシェアしたところ、いつになく大きな反響がありました。まだの方はぜひチェックしてくださいね。
デザイナーのオーサさんにも、テストニット終了のご報告をしたところ、Fabulous!と言っていただいてます^^。
Read more …

Palmyreショール、早速リリースします!

皆さん、こんにちは。

先週Palmyreショールのテストニットをお願いしましたと投稿したばかりですが、ご存知のとおりテストニッターのひろねこさんはなんと4日間で編み終えられました!
熱を出されて編み物だけしか出来なかった(笑)そうですが、それにしても信じられない(°o°)スピードですね(こんなに早く編めると編みたいものリストがどんどん消化できそうで、うらやましい限りです^^)。
根を詰め過ぎられたのでは、と心配でしたが、少しお元気になられたようでよかったです(野呂スカートの着画がとてもステキです。編みたくなってしまった~)。

さて、Palmyreショールですが、せっかく猛スピードで編んでいただいたので、早速リリースしちゃいますね。
palmyre2 palmyre1

もう一度テクニカルな(笑)面をご紹介しておきますと、DKクラス(私の中ではゲージ21-22目のとても限定的なカテゴリーです)の糸を、10号針を使ってローゲージに編みます。ゲージはゆるめですが、ショールには太めの糸なので温かいですよ。
トップダウン式なのでメリヤス編みパートを増し目しながら編んで行き、ショールが大きくなったらお楽しみのレースです。このレトロなアールヌーボー調のレースはなんといってもフェミニンでステキですよね。
最後の伏せ止めでは縁のピコット飾りを作りながら目を伏せていきます。パターンでは棒針だけで作業ができるようになっていますが、ひろねこさんのようにかぎ針で止めてもOKです。
なお、ひろねこさんによればレース部分には全体量の約30%弱が必要だそうです(情報ありがとうございます^^)。
また、同系色のアルパカ糸(ピエロさんのシフォンとIsagerのAlpaca 1)を引き合わせたのでほのかな杢調になったそうですが、これはありがたくいただきたいアイデアですね!アルパカ糸はウールに比べるとドレープがさらにきれいに出ますし、温かいですよ^^。

比較的シンプルなパターンで針も太いし、模様部分には記号図もついているので、海外パターン初の方でも、ちょっぴりレベルアップしたい初級ニッターさんでも楽しんでいただけると思います。

パターンのページはこちら:Palmyre[NCL006]
(原価ドル建てのパターンと比べると比較的お安いですよ^^)

現在に同時進行(?)でテストしていただいている大判ストールnon troppoも少しずつ成長しています。まだの方はmusicomusicoさんのブログをチェックして下さいね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

ショップ再オープンとFrench Cancanリリースのお知らせ

皆さん、こんにちは。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、アトリエ・ニッツは火曜日の夜から昨日までお店をクローズさせていただいておりました。
GW終盤にメンテナンスをしておこう、と思ったらはまってしまったのですね( ̄ロ ̄|||)。
昨日プロの方に見ていただいて、やっと復旧いたしました。
皆様にはご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。
(それにしても、あ~怖かった~-_-;。もうあんな思いはしたくありません!)。

French Cancan1そのようなわけで、やっとFrench Cancanをリリースできる運びとなりました!
テストニットをしていただいたknitlogのanemoneさんが詳しくレポしてくださっていますが、French Cancanは細めの並太糸(DK)で編むショール。
細い糸で編むショールに比べると繊細さは劣りますが、縁にレース(←これはショールにはよくあるデザイン)だけでなく、ケーブルを配したとてもオリジナリティーの高い作品です。
作りはトップダウン式で、ガーター編みの本体を編んでから縁を編みつけていきます。両端で増し目をしていくので三日月の形になって、肩のラインにきれいに寄り添います。
縁の縄編みは三つ編みの編みこみからインスピレーションを得たそうですが、英語ではFrench Braidというのですね。だからフランス人のデザイナーさんらしくFrench cancan、というネーミングを選べれたのだと思います^^。

指定糸はDKクラスの100gかせを2つですが、本体に半分、縁に半分を使用するので、細い糸でも代用できます。デザイナーのキャロリーヌさんも、中細糸バージョンを編まれていますよ→
360m使われているので、これだと中細の100gかせ一つで足りそうですね。冬まで使うのが待てない!という方は細い糸で作ってみて下さい^^。

anemoneさんのレポにもありましたが、パターンはとても親切に書かれています。
本体の編み方も至ってシンプル。
縁編みがやや難しいので、この部分は写真チュートリアルで説明がありますよ。

パターンご購入はこちらから:French Cancan[MC001]

リクエストをいただいた作品を出せて嬉しいです^^。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

Dotted Rays をリリースしました

Dotted-rays1
皆さん、こんにちは。
大変お待たせいたしましたが、先日musicomusicoさんにテストニットしていただきましたDotted Raysをリリースいたします。

Dotted Raysはスティーヴン・ウェストさんの作品。ご自分でも今一番気に入っているショールなのだとか。
Dotted Raysという名前どおり、ポツポツと穴のあいたドット模様が放射線状に広がっていくのが、斬新ながらもかわいらしいデザインです。

全体はシンプルにガーター編みし、縁にはI-コードを一緒に編んでいきます。アーチ状の形はスティーヴンさんの作品にはおなじみの、面倒な操作のない、編地を裏返すだけの引き返し編みで作ります。
サイズはSとLの2つ。中細糸をローゲージ(20目)で編んで、糸量はそれぞれ658mまたは1097m必要です。

とてもシンプルなデザインなので、カスタマイズが楽しい作品で、スティーヴンさんご自身もカラフルなボーダーバージョンを作られています。
dotted-rays2 Dotted-rays3
カラフルな方はLサイズ、ピンクのアルパカバージョンは、Sサイズを並太のアルパカ糸で編まれています。こんな春らしい色もかわいいですね♥
musicomusicoさんも鮮やかな赤をベースに、最後だけグレーのグラデーションを差したとてもオリジナルな作品で、真似したいアイデアです!
はドットを目立たせないので手染めでない糸しました(でもヤーナさんのShibuiの糸!)、とおっしゃっていましたが、この作品は確かに色の揺らぎの少ない糸が正解かなと思います。
皆さんもご自分のパーソナルなバージョンを作ってくださいね!

パターンのページはこちら:Dotted Rays[SW019]

いつもありがとうございます^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

Forest Foliageリリースです。

Forest Foliage1皆さんこんにちは。

先日よりひろねこ様にテストしていただいておりましたForest Foliageをリリースします。

Forest Foliageは総レースの中に浮かぶリーフ模様が美しいショール。
全部が透かし編みと言うととても難しそうですが、ひろねこさんがレポしてくださったように、かけ目や2目一度などの透かしを出す作業はすべて表側で行います。
裏側の段は素直に裏編みして戻ればいいので、楽チンですね。
それでもやっぱり”やや”難しいと思うので、難易度は中級上の★★★☆としておきます。

また、このパターンは始めの数段と最後の縁編みの段は文章で説明されているのですが、その間はすべて編み目記号の図で書かれています。
(図だけで7ページあります!)
文章パターンは苦手という方もぜひチャレンジしてみてください。

testknit-forest-foliage
使用糸はマデリントッシュのTosh Merino Light。
アラーナさんのオリジナルは秋の落ち葉をイメージされているため、こっくりとした秋色ですが、ひろねこさんのようなブルー系だと涼やかさが増しますね。
夏の終わりから秋に向けてイチオシのパターンです!

パターンのページはこちら:Forest Foliage[AD011]

いつもありがとうございます^^。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

ショールBricklessをリリースしました

皆さん、こんにちは。

先日よりKnitting Days の musicomusico様にテストしていただいていましたBicklessをリリースいたします。

色と糸がどちらかに決められない、ということで、
マラブリゴのRios、Niebla色を使ったシックなバージョン1と、
WorstedのSnowbird色を使ったポップでキュートなバージョン2を編んで下さいました。

musicomusicoさま、本当にありがとうございましたm(_ _)m (平伏)。

さて、Bricklessはドイツ人のマルティナ・ベームさんの、ベルリンへの思いがいっぱいにつまったショールです。

Brickless4
クールなカラーのサンプル作品は、Miss Babsの Yowza – Whatta Skein!のベルリン色を使っています。
ベースのダークトーンに差す明るい色は、冬の暗い夜にきらめく街の灯のよう。

そしてシャープな形はこの街の建物のシルエットを思わせます。
Brickless1

Brickless(レンガのない)という不思議な名前は、ベルリンの建築物がレンガではなく、鉄筋コンクリートで出来ているからなのだそう。それと、レンガで出来ていたベルリンの壁がもうなくなったことも。

サンプル作品のYowza – Whatta Skein!は、叫びたくなるような、ドンという大きさのかせ。
226gで512mあるのでWorsted(並太)にしてはやや細めですね。DK(・・・並太)に近いと思います。
musicomusicoさんに、ゲージどおり(16目)に編んでいただいた1作目は大体寸法どおり(55cm×250cm)に、
推奨の6号を使うとゲージが20目になり、出来上がり寸法は幅42cm×長さ237cmになったそうです。
かなり大判のショールなので、小ぶりにしてマフラー的に使いたい方は、ゲージを上げてもいいですし、糸を細いものにしてもいいでしょう。
ラベリーのBricklessのパターンページを見ると、針の号数は変えず、中細糸を使ったという方も結構いるようです。
(出来上がり寸法を書いてくれると嬉しいんだけれど・・・)

優しいパステルカラーで作るとこれからの季節にもピッタリだと思いますよ!

パターンのページはこちら:Brickless[MB011]

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

《追記》
musicomusico様の使われたMalabrigoは(私も大好きです!)ピエロさん、またはYarnaholicさんで販売していますが、人気でどちらも売り切れ続出ですね。

And So Are Youリリースしました

AndSoAreYou2皆さん、こんにちは。
クリスマスに近しい人に編まれたプレゼントは気に入っていただけたでしょうか。

さて、年の瀬も押し迫って来た今日この頃ですが、先日よりmitukaさんにテストしていただいておりましたAnd So Are Youをリリースいたします。
皆さん、mitukaさんの着画はご覧いただけたでしょうか?
mitukaさん、大変な時期に本当にありがとうございました^^。

さて、And So Are Youという不思議な名前は「バラは赤い、スミレは青い、お砂糖はあまい」と来て「そしてあなたも」と終わるマザーグースの一節です。英語圏ではバレンタインに贈る言葉なのだとか*^^*。
そんなネーミングにたがわず、あまいロマンチックなショールは、ワイルドフラワー・ノットステッチとローズ・ベックさんが命名されたちょっぴり凝った編み目の本体にフリルをあしらった、ちょっとレトロなタッチの作品です。

細長い三日月形をしていて、ローズ・ベックさんのSugared VioletsSunflower Shawletteと同じように、トップダウン式に編んでいきます。
サイズはS、M、Lとありますが、編みながらサイズを決めることが出来ます。
使用糸は中細~合太タイプを385/460/550m。
mitukaさんはYarnaholicさんのSilky Merino Fingeringを2かせ使って編まれています。
皆さんも衝動買いされた中細糸でぜひ^^。

パターンはこちらから:And So Are You[RB003]

パターンのリリースはこの作品が今年最後となります。
今年も皆様には温かいご支援、ご声援をいただきまして、本当にありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ