Ships and Seasideを見切り発車で編み始め

ずいぶん以前に英国Love KnittingさんでRowan のSummerlite 4plyをお買い物したという話をしたのですが、そのときにちらりと一緒に買ったKid Classicの話をしました。
そのときは夏真っ盛りでもふもふの毛糸の写真を載せるのがためらわれたのですが、そろそろ大丈夫ですよね^^。

Kid Classicを買ったのはもちろんShips and Seasideを編むため。
指定糸で編むことは少ないんですが(代わりになるリーズナブルな糸を探すんです^^;)、Kid Classicは以前から編んでみたかった糸なのでここは素直にハイ、と言っておきました。だって、Rowanですよ。
Kid Classic自体はRowanの定番糸ですが、残念ながら色の入れ替わりが結構激しいようです。
パターンどおりの色で編みたかったんですが、Dashing(オリーブグリーン)とStraw(ベージュ)が廃盤となっていて(Khaki SageとMellowが近いんじゃないかと思います)、別の色を探すことに。
目指したかったのはこんな色。薄いグレーをベースに、ティールブルーとマスタードのアクセント。実は当サイトのテーマカラーです^^。

この作品に使うつもりで買った糸は次の4色(ほかの色も買っちゃっ・・・ゴニョゴニョ・・・)。

Pumice


Tatoo


Ochre


Smudge
Smudgeはこれも廃盤になった色のようで、Rowan本社のサイトには載っていませんでした。
予想よりブルーが強かったグレーですが、これはこれでよし。

涼しくなるのを待ってスワッチを編んでみたのですが・・・・・・。
ships-seaside-combo2
なんだか、Smudge色の中の黄色が微妙に落ち着かないのです。

在庫の黄色系の糸を使っていろいろ試してみたのですが、どれもしっくりと来ない。
唯一、色調に納得がいったのがこの組み合わせ。Alexandreに使ったマスタード色のソックヤーンを2本取りにしています。
ships-seaside-combo1
でも彩度が高すぎて、ほかのくすみ系の色と比べると目立ちすぎなのですね。Kid Classicのモヘアけぶる編地とも合いません。

おそらく、ベースのグレーがブルーがかっているで、黄色もこのマスタード色のようなやや緑が入った色でないと波長が合わないのだと思います(ここで色合わせの勉強をしたくなりました)。
そんなわけで黄色い糸がないのですが、しばらく(50段ほど)は出てこないので見切り発車して編み始めました。でもメリヤス編みの輪編みだと進みが速いのです。
理想の黄色糸探しを急ぐことにします!