たまには夏糸で・・・Laurie途中経過

相変わらず久々の私的編み物(日)記です。
インスタグラムでは最近届いた編み物本を連投していたのですが、ちゃんと編んでおりますよ^^。

さて、Satokichiさんにテストニットをお願いする前から、自分でもハイディ・カーマイヤさんのWindwardを編んでいたのですが、3週間ほど前に(^^;)編み終えました。
編み終えたのはいいのですが、今年の6月、フランスの北半分はひどい天気が続いて(最高気温20度くらい^^;)、水通しをしても乾きそうになかったので糸始末もせずにそのまま放置。
夏用に、と買い込んでおいた夏糸で以前から編みたかったLaurieというプルを編み始めました。

Laurieは日本のラベラーさんでも編まれた方がかなりいる人気パターン。
Josée Paquin(ジョゼ・パキャン)さんという、カナダのフランス語圏のデザイナーさんの作品で、DK糸をゆるめに編むゆったり目のボートネックのプル(フランスのフランス語と言い回しが違ってビックリ°o°)。
ラベリーのパターンページでフィーチャされているリネン糸で夏向けに編まれた方の作品が素的で(上から4番目)、いつかこんな風な夏物プルを作りたいと思っていたのでした。
そして春にレンガ色のノースリーブワンピを購入したので、朝夕などの涼しいときにこのワンピの上に着れる服をと思い、Laurieに白羽の矢を立てたのでした(でもReaganも編む予定です!)。

そんなわけでBC GarnのAllinoというコットン50%xリネン50%の糸を購入。去年ヤーナさんで受注販売されていた糸です。
bcgarn-alllino-27-small
色番は27。やや緑がかった(らしい)グレーベージュです。
丸玉がかわいい❤

標準ゲージが22目なのでDKクラス、と思っていたのですがどうやらSportクラスの糸のようです。
夏糸でDKでメリヤス編み18目は苦しいだろうなとは予想していましたが、実際がそれより少し細めの糸だったので、18目はやっぱり出ませんでした。でももともと少しきつめのゲージでタイトめに作る予定だったので、これはまあ問題なし。
4 mmの針でメリヤス20目が出たのですが、模様編みは裏目が入るので4 mmではなんとなくスカスカしすぎて落ち着かず、3.75 mmに落としたら納得のいく編地になりました。

で、ここまで進みました~。
wip-laurie-small
でもここまで来るのに結構時間がかかりました。
基本的にウールやアルパカなどの冬糸が好きなので、やっぱり夏糸は編んでいていまいち盛り上がらないのです。
しかも編み始めてから涼しい日がずっと続いていて、今年の夏も超冷夏だったらワンピの上には着れないかも~・・・と、なかなか気分が乗らなかった。それでも着たい作品なので気持ちを何とか奮い立たせて編み進めた、という感じです。
トップダウン式に肩のフェイクシームから作り、身頃は真ーーーっ直ぐに編んでいくんですが、それが楽ではあるけれど、ウェストシェイプなどのイベントがなくて正直退屈でもあり。。。
ワッフル地のように見える模様も実はビックリするほど簡単なのですよ。
裾のゴム編みに入る前に引返し編みで後ろ身頃をほんの少し長くするんですが(置き方がまずいのではないのですよ^^)、それを嬉々として編みました^^;。

今は2本目の七部袖を編んでいる途中です。
そしてフランスの北側も数日前からやっと夏らしい天気(28℃!)に恵まれ、このプル着れる~!(≧▽≦)と気持ちが盛り上がってきました。
もう少しなのでがんばります。

コメントを残す