【途中経過】michiyoさんのアランタイトプルオーバー1

皆さん、こんにちは。

先日ガサガサなローカル糸のレポをしましたが、この糸でmichiyoさんの『じっくり編んで永く愛せるニットの普段着』から、人気のアランタイトプルオーバー(アラン鯛とプルオーバーと変換されてしまったorz)を編んでいます。

michiyoさんの作品集を買うのは初めてだったのですが、オサレやなあ、と思いながらページをめくりました。
とても日本らしい、ちょっとはずしたクールなスタイリング。
コーディネートも合わせて提案していて、michiyoさん人気の秘密がわかった気がしました。
(先日発売された新刊もかわいい。皆さんの本レポを読み逃げしております^^)

本が届いたのは12月で、それから糸選びに悶々として、ガサガサローカル糸が届いたら早速スワッチを編み、ゲージが合っていたのですぐに編み始めてしまいました。
ヨークはネックのゴム編みを編んだら、引き返し編みを使って前後差を出します(楽しい!)。
前の衿下がりができたらその後はぐるぐる輪編み。アランセーターを輪編みするのは初めてだったので、とても新鮮でした。
(アランセーターはなぜか往復編みで編んで閉じるものが一般的。アランでラグランヨークって少ないんじゃないのかな?)

糸が油臭くガサガサなので、かせの状態で洗ってから編み始めた方が良かったかも・・・と思ったのはヨークも編み終わってからです。でも途中で糸の感触が変わるとゲージも変わってしまいそうなので、(ダンナサンに油臭いと言われながら)そのままずんずん編み進みました。
皆さんご存知の通り総縄編み模様のプルなのですが、縄編みは1段を編むのに時間はかかっても模様ができていくのが楽しいのですね。それどんどん編み進んでしまったのですよ^^(でも模様Aは何度も間違えました~;)。

途中経過、といっても身頃をほぼ編み終えていますが写真を撮りました。
wip-arantightpull1
(以前la droguerieに立ち寄ったら作品の持ち運びにちょうどよさそうなトートバッグを売っていたので思わずお買い上げ)

真ん中のはにかむ、ならぬハニカム模様のアップです。
wip-arantight2
もりもりですよね?
この立体感が怖くなって、スワッチを洗ってみたのでした。

タイトプルオーバーの名のとおり本当に小さめで、自分用のプルだというといつも驚かれてしまいます。
水通しをしていないので目がまだ詰まっていて、実際の出来上がり寸法より小さい・・・はずです。しかもごわごわなので、今のところは鎧を着装しているような感じです(なみはくさりかたびらをてにいれた!・・・失礼しました-_-;。)
wip-arantight3
(ヘムの2目ゴム編みは模様とつながるように変更した箇所もあります)。

今は袖編みに入っているので、早く終わらせて洗いたいです。そして縦横に伸ばしますよ~!

人気ブログランキングも始めました!応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物教室・販売へ 

コメントを残す