NCL Knitsナディアさんの編込みセーターPeetaをリリースしました

皆さん、こんにちは。
早いものでもう10月下旬。セーターに袖を通された方も多いのではないでしょうか。
さて、今日はNCL Knitsのナディア・クレタン=レシェンさんの編込みセーターPeetaリリースのご案内です。

Peetaは今年の冬リリースされた、ヨークの編込み模様がステキなセーターです。

シンプルな幾何学模様なのですが、色づかいのセンスがいいからか、とても新鮮に見えますよね。
こちらのサンプルに使用されたのはフランス産メリノ糸のブランド、De Rerum NaturaのUlysseです。メインがDoré色で、オフホワイトのPoivre BlancとチャコールグレーのFusain色が使われています。

Ulysseは合太糸で標準ゲージが22~24目で、50gの玉の糸長が185mとコスパの良い糸なのですが、24目でやや密に編むことで、軽いながらも温かい編地になります。
また、ヨークに編込みが入っているとその分編地に厚みが出ますので温かいですよ^^。

Peetaはトップダウン式にとじはぎなく編みます。
衿ぐりの縁編みが終わったらヨークの編込み模様に進み、その後引返し編みを入れて前衿下がりを出すことで、セーターのフィット感を上げます。
引返し編みの後は袖と身頃を分け、身頃はすとんと真っ直ぐに、ぐるぐると輪編みします(秋の夜長のながら編みにはピッタリです!)。
袖もトップダウンに、輪で、減らし目をしながら編みます。

ナディアさんはテストニット期間中にもう一枚サンプルを編まれたのですが(フランス語圏のニット界では超速ニッターさんで有名な方で、デザインの数もとても多いのです)、こちらの色使いもとてもステキです。

こちらはフランスのメーカーFontyのTartan3(水色)とポルトガルのRetrosariaのVovó(茶色)を組み合わせています。

どちらも真似したい色使いですが、3色と色が少なめなので、オリジナルの配色を考えるのも楽しいかも!ラベリーの作品ページも参考にされて下さいね。

パターンはこちらから:Peeta [NCL010]
24日(日)深夜まで10%オフです!

コメントを残す