lilofilさんのLinyaショールをリリースしました

皆さん、こんにちは。
4月ももうすぐ下旬。ご自身またはご家族の環境が変わった方はそろそろ新生活に慣れて来た頃でしょうか。

関東ではここのところジェットコースターのように目まぐるしく気温が変わるそうですが、春ですので編んでいて暑くないショールの作品を選んでみました。
フランスのlilofilさんのLinyaは昨年の4月にリリースされた作品で、インスタグラムでもラベリーでも特に♡の多い作品です。



Linyaは横向きに編む三角ショールで、増し目と減らし目を駆使してその形を作っていきます。

ガーター編みの地にすべり目で直線のラインを描いていき、増し目の入れ方でラインの入る向きを変えたり、引返し編みで予想外の向きにラインが走ったりと、お楽しみがたくさん待ち受けています。

このようにグラフィカルな模様なのですが、春らしい柔らかな色の糸でデザインされ、優しい印象になっています。

逆に冷色やグレーなどで編めば、クールな仕上がりになり、ユニセックスに使えるデザインかと思います。
ラベリーの作品ページもご覧下さいね。

やや細めの100g=400mの中細糸が約800m必要です(それ以下で編まれたラベラーさんもいるのですが、ギリギリまたはそれ以上使われた方もいるので、800m用意されることをおすすめします)。
思わず買ってしまったけれど、着分はない中細糸の出番ですよ!
(私もそういう糸が在庫にあった気がします^^;)。

パターンはこちらから:Linya [LF005]
22日まで15%オフです!

コメントを残す