イケメン様♥ ニットキャップ&ネックウォーマーセット

マルティナ・ベームさんのカウル&リストウォーマーセットに続き、
セットのパターンのご案内です。
今回はスティーヴン・ウェストさんのキャップ&ネックウォーマー。
ラベリーでも大人気のパターンです。

Windschiefと書くのですが、英語風に/ウィンズチーフ/と読んだら
間違ってましたー。
Winds-chiefで切っちゃいけないそうです。
ドイツ語の単語で、Wind-schiefで切ってヴィント-シーフ。
傾いた、という意味だそう。

そういうわけで、ヴィント-シーフはパターン名どおり、斜めに走る
ねじりゴム編みが利いているスタイリッシュなデザイン。
ネックウォーマーとキャップをほぼ同じ作り方で作っていきます。
並太糸を8号の輪針または4本針で編んでいくのでさくさく編めます。
輪編みが初めてという方は、こういうシンプルな小物から始めましょう♪
やめられないとまらない~で、やみつきになりますよー。

彼またはダンナ様へのクリスマスプレゼントにもピッタリです。
特に、マフラーがめんどくさいという男性にはネックウォーマーって便利ですよね。
初級ニッターさんでも今から作れば大丈夫!

テストニットしていただいたのは、皆さんもご存知のカリスマニッター&デザイナーのrokoさん
rokoさんはいつもアレンジがお上手で感心してしまうのですが、今回もやってくれました^^。
キャップの方は本来ぴったり目のデザインなのですが、パターンよりもかぶりを6~8cmほど深く編んでルーズに。
こちらから彼女の作品をご覧下さいね!
これなら今どきの若者(わ、オバサンくさい言い方)でもかぶれますねー。

rokoさんからうかがったのですが、スティーヴンさんは一部ニッターさんの間で
イケメンさまで通っているのだそうです^^。
だからと言うわけではないのですが、テキストパターンって、日本語にすると
どうしても長くなって、オリジナル版よりもページ数が増えてしまうので、
空いたスペースを埋めるために写真を入れているのですよ。
で、私は役得(?)で、写真選びを楽しませていただいています^^♥。

まあでもこんなcuteな男の子が女の人ばかりの編み物界に登場したら
人気が出るのは当たり前かなあ。

話をパターンに戻すと、糸は単色でもゴム編みがきれいに出ていいと思うのですが、セミソリッドという、単色なんだけれど、手染めならではの微妙なグラデーションがある糸もステキだと思います。
上の写真の茶色のカウルはそんなマラブリゴのWorsted。
ラベリーでも、この糸を使ってキャップを編んでいる方が大勢います。
日本ではYarnaholicさんで販売していますよ^^。

 

Windschief_violaversion
個人的にズッキュンと来たのは、カラーチェンジが控えめな段染め糸で編んだ、
この←バージョン。

父にプレゼントするバージョン(65のおじいさんですが、パターンのリンクを送ったらイヤとはいわなかった)を普通の単色の糸(ドログリーのSurnaturelleを2本取り)で編んだので、ダンナの分を同じような段染め糸で編んでみたいと思っています。
ああ、いい色~。。。
かぶってくれるかなー。

あ、パターンはこちらからです:ヴィント-シーフ[SW007]

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^;。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ