【パターン紹介】デイブレーク

Atelier Knits 開店からまだ2週間ですが、
早くも他を引き離す“人気パターン”が出てきています。
デイブレークはその一つ。
私の私的編み物ブログTricotinでフリーパターン「ボーンヤード・ショール」をご紹介させていただいている、スティーヴン・ウエストさんのデザインです。

スティーヴンさんは写真を見てのとおり、若い若い男性デザイナー。
オバサンはいろんな意味でcute!と言いたくなってしまいます。

さて肝心のパターンですが、写真のご本人がされていることからもわかるように、ユニセックスなパターンです。
サイズも3つ、S、M、Lとあって、Sは左の写真のようにマフラー代わりに巻ける大きさ、M、L(↓)は肩に羽織るショールの大きさです。

 

縦と横に走るくっきりしたラインが印象的なパターンですが、デイブレークは英語で夜明けで、「朝日をイメージした」のだそう。
でも、日本人にとって朝日は横縞ではないですよね。
なんだか文化の違いを感じました^^。

中細タイプの糸で、基本的に2色の糸で編んでいきますが、一色を段染め糸にしても、へりの部分を違う色にしても面白いものが出来ます。
糸の組み合わせをお楽しみください♪


スティーヴンさんは男性だけあって、デザインや色づかいがやっぱり男っぽい。
女性デザイナーとは感性が一味違っていて新鮮です。

他にもパターンをいただいていて、翻訳中なのでファンの方はお楽しみに!

パターンはこちらから

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ