イザベル・クレーマーさんのYanisをリリースしました!

皆さん、こんにちは。
寒い日が続きますね。

さて、本日はイザベル・クレーマーさんの編込みセーター、Yanisをリリースいたしましたので、そのお知らせです。

Humulusをデザインされてからというもの、イザベルさんは編込みセーターをデザインされることが多く、多作な彼女なので、編込みセーターも多数の作品があります。
選り取りみどりで困ってしまうのですが、配色糸を2色使った作品(選択肢を狭めてみる)の中から、Yanisをセレクトしてみました。
エスニックな雰囲気のある模様がステキですよね。

イザベル・クレーマーさんの作品なので、もちろんトップダウンで編みます。
衿ぐりの縁編みが終わったら、引返し編みを入れて前衿下がりを作り、次にお楽しみの編込み模様を編みます。配色糸が2色で、地色を含めて全部で3色を使う段もあるので、ここが一番難易度が高いかもしれません。でもこの模様のためなら・・・(裏もかわいい)!

編込みの糸の構え方は当店のブログ記事を参考にされて下さい。こちらは2色で編む場合のチュートリアルですが、目立たせたい色の運び方の参考になるかと思います(目立たせたい色が下=左手がけで、それ以外は上=右手です!)。
ここを乗り切ったらまた引返し編みを入れてヨークを完成させ、袖と身頃を分けます。

模様のカジュアルな印象に合わせて、身頃はストレートに編みます。やや短めですが(イザベルさんのようにカジュアルなワンピースに合わせたい!)、トップダウンですので試着して長さを調節できます。

袖は半袖と長袖の編み方が掲載されています。両方作れば夏以外の季節に着られますね。
作品の写真は袖の長さが違いますが、こちらのイザベルさんの編み中の写真が半袖バージョンの参考になるかと思います。

イザベルさんのサンプルは落ち着いた色で編まれていますが、イザベルさんのテストニッターさんの作品はもう少しコントラストの強いものが多いです。
ラベリーのパターンページを色合わせの参考にして下さい。

パターンはこちらから:Yanis [IK017]

なお、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、アトリエ・ニッツの日本語訳がイザベルさんのラベリーストアでも購入できるようになっています。これに伴い、当店ではラベリーより若干お求めやすい価格で日本語版を販売しております。
新作Yanisは1年間アトリエ・ニッツのみでの販売となり、その間ラベリーと同等の価格となりますのでご了承下さい。

コメントを残す