The Doodler リリースです

皆さん、お待たせいたしました!
先日よりひろねこさんにテストしていただいておりましたThe Doodlerをリリースします。
doodler1 doodler2

説明の必要もないくらい有名なパターンですが、The Doodlerは去年のWestknits ミステリーKALの作品でした。花形デザイナーのスティーブンさんのミステリーKALは毎年人気を集め、ラベリーの一大イベントになっていますが、去年は特に参加者が多かった気がします。
ミステリーKALは時間がなかったり、作品が出来上がって気に入らなかったらどうしようという小心者的な発想で参加することは少ないのですが、去年は皆さんのお写真を横目に見つつ、楽しそうだな~°o°、参加すればよかった~と後悔T_T;。スティーブンさんのミスKALは期待を裏切らせないところがさすがですよね。
お客様からのリクエストもあって邦訳を決めたのですが、訳しながらも作り方があまりにも楽しそうで、思わずラベリーの編みたいものリストに追加してしまいました^^(まだ編んでませんが;)。

ミステリーKALで1週間ごとに配信される編み方が、完成パターンでは1セクションとなっていますが、どのセクションもお楽しみが満載。
基本の編み方はガーター編みで、そこにさまざまな編み方が盛り込まれています。
まず第1セクションでは引き返し編みで、特徴的な蝶の羽の形を作ります。
引き返し編みといってもスティーヴンさんがよく使われる、ラップやかけ目等をせずに引き返すので、難しくはありませんよ。何もせずに引き返すことでアイレットもできるのです。
第2セクションは第1セクションの上側に縄編みを編みつけていきます。ガーター編みの縄編みって新鮮ですよね^^。
第3セクションは第1セクションの下の太い縁を編んでいきます。ここでも引き返し編みが使われていて、波打つ形が強調されています。
最後の第4セクションはショールの仕上げで、第3セクションの「縁取り」なのですが、3つのオプションがあります。ひろねこさんが選ばれたのは一番手の込んだデコラティブなオプションで、ピコットを縁に編みつけます(上の2番目の写真がわかりやすいですね)。
と、このように編みごたえたっぷりな作品なのです^^。

スティーブンさんが選ばれたのはタイアップしたHedgehog Fibresのポップな色で、ガイコクのラベラーさん達はカラフルな作品を作られている方が多いですが、ひろねこさんの色づかいはシックで大人っぽく、とても参考になります!

ひろねこさん(@hiro25neko)が投稿した写真

ひろねこさん、長丁場を本当にありがとうございました!

パターンはこちらから:The Doodler[SW019](スチーブン、19作目~°o°)

いつもありがとうございます^^

コメントを残す