ハイディ・カーマイヤさんのStorm Mountainリリースです。

皆さん、こんにちは。
大寒を過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きますね。インフルエンザも流行中ですので、皆さんお気をつけ下さい!

さて、今日はハイディ・カーマイヤさんのStorm Mountain邦訳リリースのお知らせです。
RirikoさんSatokichiさんが美しい作品を編まれているのでご存知の方も多いと思いますが、ドレープの美しい、作りの面白いカーディガンです。

幅の広い前身頃はボタン止めがなく、ドレープがこのように入ります。

後ろ身頃にはVitamin D以来ハイディさんのトレードマークともなっているアイレット模様が!

この写真では身頃を広げていますが、広げない場合はたっぷりした編地が波打ったようになり、とてもフェミニン(RirikoさんとSatokichiさんの着画が大変参考になります^^)。

また、前を合わせてブローチなどで止めるとすっきりと端正な印象に早変わりです。衿もあるので首回りも暖かそうですね。

形が面白いので、どうやって作るのかしら?と思われるかと思いますが、作り方は比較的平易ですよ。
トップダウン式に編み、ヨークをラグラン増し目とアイレット(かけ目)の増し目で作っていきます。袖と身頃を分けたら、袖はハイディさんのカーディガンのパターン同様平編みに。身頃はアイレットを入れながら平編みにするので、模様を追いかけているうちに身頃が出来て行くはず。

ハイディさんファンはご存知のように、ハイディさんのパターンでは表が多用されていて、目数等の指示がとてもクリアでわかりやすいです。並太なので、早く編めるのも嬉しいですね。
サンプルの使用糸は在庫に持っている方も多い(?!)Rowan Felted Tweed。この糸のようにウールにドレープの出るアルパカやレーヨンがブレンドされていると、形がきれいに保たれつつも落ち感がきれいに出ると思います。

パターンのページはこちら:Storm Mountain [HK009]
造形の美しいカーディガンを楽しんで下さい!

コメントを残す