スティーヴン・ウェストさんの冬のショール、Pierreをリリースしました!

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか。
こちらフランスでは今日から2回目のロックダウンが始まりました。これから1か月お籠り生活です。
皆様もお気をつけてお過ごし下さい。

さて、本日はスティーヴン・ウェストさんのPierreのリリースのお知らせです。
以前から、シンプルで素敵だなと思っていたショールなのですが、細めの並太(DK)糸を使って編むので、寒くなるのを待っておりました。

Pierreスティーヴンさんの最近の作品の中では、際立ってシンプルなショールです。ユニークな作品は編むのが楽しいのですが、使い勝手のいいショールをセレクトしてみました。

ショールはドイツの手染め糸ブランド、Walk Collectionの糸を使ってデザインされています。

Merino DKは撚りのしっかりとかかった糸で、編み目がくっきりと出ます。この性質を活かして、ねじりゴム編みや表目と裏目で模様を出す、シンプルな編み目をちりばめたショールになっています。ショール編みが初めて、という方でも挑戦していただける難易度だと思います。

DK糸(ゲージ20~22目程度)を17目というゆるめの大きなゲージで編むので、編み進むのも早く、モチベーションがしぼむことなく編み終えられると思います!

そして出来上がるのは幅218cmx縦64cmと大判で厚みのあるショール。冬の寒い夜これに包まれたら、さぞ温かいだろうなと思います。


サンプル作品のグレーのゆるやかなグラデーションで編まれていていますが、単色で編むこともできます。少し細めの糸と極細モヘア糸を引き揃えても良いかもしれませんね。

パターンはこちらから:Pierre [SW028]
冬に向けて、あったかショールを作りましょう!

コメントを残す