SistersプロジェクトのOlive Leaf、お取り扱いします!

皆さん、こんにちは。
4月に入って涼しくなりましたが、いよいよ春本番の日本ですね!
(北国の方はごめんなさい。まだまだ寒いですね。)

本日はSistersプロジェクト第1弾のOlive Leafプルとカーディガンお取り扱いのお知らせです!


Sistersは手芸アトリエfilさんのイニシアチブで始動することとなったRirikoさんとeriさんの共同デザインプロジェクト。普段から仲の良いお二人が一緒にデザインできたらいいね、と言っていたところへ、アトリエfil店長のきみこさんが同じような企画を温めていて、Ririkoさんがfilさん主催のイベントで福岡へ行かれた際に、即決定となったのでした。
その第1弾となる(?!)Olive Leafシリーズは、プルをRirikoさんが、カーディガンをeriさんが手がけられました。
プルもカーディガンも同じOlive Leaf模様がテーマなのですが、全体のシルエットや、模様の入れ方等にお二人の個性が表れていてます。
どちらの作品もディテールに違いがある2バージョンがあります。

まずRirikoさんのプルから。

トップダウン式に作るサドルショルダーのプルで、ボクシーなシルエットに細め七分袖が春らしい雰囲気です。
ネックで作り目をして、肩のパネルに早速オリーブリーフ模様を入れて身頃と一緒に編んでいきます。どんどん増し目をして身頃の目ができたら袖を分けて身頃を先に編み、裾に向けて模様を入れて編みます。

プルは前後差のあるスリットヘムと前後が同じのシンプルヘムバージョンがあります。スリットバージョンの方が前身頃側がほんの少し短くなっていてクロップ丈風。明るい黄色Capsiumも溌溂とした印象を与えますね。

グレー(Olive Leaf色です!)のシンプルヘムバージョンは前後の裾の長さが同じで、もう少しクラシカルでシックな印象です。
(ただし、Ririkoさんはサンプルを2枚編まれていて、シンプルバージョンはスリットヘムバージョンのサイズが1つ大きいので、ボクシーシルエットが強調され、着丈が長めに見えるかと思います)

身頃が編み終わったら袖開きから目を拾い、肩のパネルに続けて袖に模様を入れて編んでいきます。最後は模様が袖口のゴム編みにきれいにつながっていきます。

メリヤス編みが多めですが、模様が適度に配され、(袖でも)最後まで楽しく編めると思います!
1枚でさらっと着たら、春のお出かけにちょうどよさそう。

エリさんのカーディガンもオリーブバージョン(グレー)とシャーベットバージョン(ピンク)があります。

どちらも衿ぐりからトップダウン式に編み、ラグランで増し目をしていきます。袖を分けたら、Ririkoさんのプルと同じように、模様を身頃の下側に入れます。袖にはオリーブリーフ模様の形からインスピレーションを受けた(と思われる)、トライアングルリブ模様が入り、袖口のゴム編みとつながっていきます。

エリさんもオリーブバージョンはややシックな印象。
ボタン止めのないオープンフロントで、前開きや衿、袖などの縁をIコードですっきりと仕上げています。丈はもう一つのバージョンより少し短めになります。

色名からして愛らしいシャーベットバージョンは前立てや裾はゴム編みで。オリーブバージョンとの違いは、模様の始めに入るボブル。これがガラスの小さな丸ボタンとマッチしているところがまたステキですね。

お二人のパターンは、どちらもイギリスのThe Uncommon Threadを使ってデザインされています。
RirikoさんのプルはEveryday Luxuryという、特別に柔らかなエキストラファインメリノを使った糸。カシミアに近い肌触りだそうです!
エリさんのカーディガンはEveryday Singlesという甘撚りのメリノ糸。こちらはふんわりとした仕上がりになるそう。
どちらも手芸アトリエfilさんで受注販売をされていましたが、一般販売もされていますので、チェックしてくださいね。
皆さん、店長のきみこさんを毛糸の山から救い出してあげましょう!

パターンはこちらから。
Olive Leaf Pullover [YR022]
Olive Leaf Cardigan [ER023]
本日から5日深夜まで、3日間どちらも20%オフです!

コメントを残す