Ririkoさんの新作Shiny日本語版リリースです!

皆さん、こんにちは。
4月ももう下旬に入り、GWの足音さえ聞こえるようになって、気持ちのよい季節になりましたね。

さて、今日はRirikoさんが本日ラベリーでリリースされたプルShiny日本語版発売のお知らせです。

Shinyは細めの糸で編む薄手のプル。肌寒いときに重ね着して着たい、春秋に活躍するアイテムです。

シルエットはゆったりで、ゆるめの印象ですが、深いVがほんのりセクシー。Vネックは後ろ衿まで続き、こちらも浅いVになっているのでした。 

そしてこのV字がこのパターンの面白さのヒミツでもあるのです。
トップダウン式に、まず後ろ身頃を脇下まで編み、次に前身頃の目を拾ってまた脇下まで編んだら、前と後ろを合わせ、次にVの先で左右の前身頃を合わせて、後は輪編み。袖もトップダウン式に輪編みです。
こう書くととても普通っぽいのですが、肩線が後ろにずれているところがポイントです^^。

プルは標準ゲージ32目という細い合細糸を22目というラフなゲージで編むので、とても軽く仕上がります。ツイード風にネップの入った指定糸Tussah Tweedは、50gあたりの糸長が250mあり、このクラスの糸で編めばSサイズまでは200g以内で、一番大きいサイズでも300g強という軽さに。
ちなみに指定糸はタッサーシルク100%というちょっぴりゴージャスな糸。タッサーシルクというのは家で飼われるカイコ(養蚕)ではなく、天然のカイコ(野蚕)の繭から作られるシルクだそうで、味のある風合いが特徴だそうです。養蚕のシルクよりも丈夫な糸が出来るそうですよ。

RirikoさんはTussah Tweedのサンプルを編む前に、ウールの糸でも試作品を編まれています。

こちらはもう少し太い、Lilou Yarnsの中細糸を使われています。秋冬にもピッタリですね。
また、袖を編まなければノースリーブとしても着れると思います、とRirikoさんからアレンジのアドバイスをいただいています^^。

Shinyはテストニットがシークレットに行われていたので、ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、実はRirikoさんがドイツのメーカーさんから依頼を受けてデザインされたプルなのです!これからドイツ語やフランス語、デンマーク語にも翻訳されるのだそうですよ。日本のデザイナーさんの作品が世界中の人に編んでもらえるって、嬉しいですね^^。

パターンのページはこちら:Shiny [YR010]
今週いっぱい15%OFFになっておりますのでお見逃しなく!

いつもありがとうございます。

コメントを残す