RirikoさんのロングカーディガンMenuetをリリースしました!

皆さん、こんにちは。
楽しいクリスマスを過ごされたでしょうか。昨日で仕事納め、という方も多いですよね。皆さま、1年間お疲れさまでした!
アトリエ・ニッツでも、RirikoさんのMenuetが今年最後のリリースとなります。

MenuetはRirikoさんがYarnaholicのAkikoさんから糸のご提供を受けてデザインされました。
人気が高くて入手困難なドイツのWalkCollectionから、Blissという糸を使われています。

Blissはメリノ100%ですが、ウールとは思えないとても柔らかい糸なのだそうです。
Walkの糸は先月受注販売をされていたので、一般販売もあるかもしれません?!

さて、ロングカーディガンはRirikoさんお得意のデザインですが、MenuetもRirikoさんらしいとても端正なカーディガン。
後ろ身頃中心に入る、流れるような模様が目を引きます。

前立てへと続く幅広な衿にもジグザグの模様を編み、ラグランラインに入る細やかな模様も脇へと続いて、Aライン形に広がる身頃のアクセントとなっています。

トップダウン式に編み、まずは衿を一部編んで、そこから身頃と袖の目を拾います。続いて、衿と身頃、袖を一続きに、ラグランヨークの増し目をしながら模様を編んでいきます。
こう書くとちょっと難しそうですが、模様は早見表が付いていて、初めから終わりまで、どの模様のどの段を編めばいいかわかるようになっていますのでご安心ください(テストニッターさんにもこの表は好評でした!)。

脇下まで編めたら袖を分け、身頃をAラインになるよう増し目しながら往復編みします。
最後に、分けておいた袖を輪編みします。袖口にも衿と同じリブが入り、デザインにまとまりを与えています。

シックで縦長の印象のロングカーディガンは着やせ効果もありそう。中細糸で編む薄手のカーディガンなので、今から作っておけば春先にアウターとしても活躍してくれそうですね。

パターンのページはこちら:Menuet [YR030]
2019年中は20%オフとなっていますのでお見逃しなく!

コメントを残す