RirikoさんのLike a Waffleアトリエ・ニッツ版リリースです

皆さん、こんにちは。
新学期となりました。皆さんのお住まいの地域ではそろそろ秋の足音が聞こえてきたでしょうか。
(店長在住地は今朝は寒いくらいで、ニットの季節到来にウキウキしております)

さて、本日はRirikoさんのLike a Waffleアトリエ・ニッツ版リリースのお知らせです。

Like a Waffleは、Ririkoさんがドイツの卸業者さんに糸の提供を受けてデザインされたカーディガンです。
糸はBC GarnのSemilla Flaméで、オーガニックウールをロービング仕立てにした太めの並太糸(50g当たり95m)。空気を含んでふんわりと軽く、BC Garnらしい洗練されたカラーが揃っています。

Ririkoさんはこの糸の特性を活かして、凹凸のあるワッフル模様を身頃に配したカーディガンに仕上げられました。

このワッフル地、かわいいですね(なんとヨガマットから発想を得たのだそうですよ^^)。

カーディガンはラグランヨークをネックからトップダウン式に作ります。
まず引返し編みを入れて前衿下がりを作ったら(個人的に、このシンプルなネックラインがとてもきれいだと思います)、ラグランの増し目をしていきます。ヨークはメリヤス編みでシンプルに、袖と身頃を一緒に編みます。

脇下まで編めたら身頃と袖を分け、まず身頃にWaffle模様を入れて編みます。
裾まで編めたら、ボタンホールを作りながら縁編みをしていきます(チュートリアル付きです)。

次にお袖を編みますが、ここが悩みどころ^^。
オプションが2つあって、バルーンスリーブとベルスリーブが選べます。

萌えな長めのバルーンスリーブもかわいいし、

ベルスリーブはシックな印象で、ワンピースに合わせるとよさそう。

(と思ったら、ベルスリーブを作ったテストニッターさんは、ワンピに合わせてる方多いです^^)

ところでこのカーディガンはゲージが大きく、10cm当たり14目なのです。
さっくり編めてしまうので、コーディネートとその日の気分によって選べるよう、2枚編んでもいいかも?!

糸の必要量が少なく、Ririkoさんの作品の中では比較的平易なので、ウェア編みが初めてという方でも編んでいただけると思います。ぜひ挑戦してみて下さい!

パターンのページはこちら:Like a Waffle [YR026]
4日深夜まで20%オフとなっております。

最後になりますが、暑い中アトリエ・ニッツ版をチェックしていただいたtom0shiさんfiorattaさんojaojaさん、ありがとうございました!!

コメントを残す