RirikoさんのCandylineアトリエ・ニッツ版をリリースしました

皆さん、こんにちは。
11月に入り、空気が冷たくなってきましたね。セーターの季節到来です!

さて、本日はRirikoさんのCandyline、AK版リリースのお知らせです。

Candylineはヨークに入るボーダーが愛らしいプルです。
トップダウン式に衿ぐりから編み始め、ゴム編みが終わったらまず引返し編みで衿下がりを作ります。
その後は最後まで輪編みで、ヨークはボーダー模様を入れますが、ボーダーにはかわいらしいスペックルの入った糸が使われています。

かわいらしくて思わず買ってしまったけれど、使いみちに困っている・・・という糸があったら、このようにボーダーなどのアクセントに使うといいですね!
RirikoさんはLichen and LaceのRosewood色という深みのある色と合わせて、かわいい糸を見せつつも大人な仕上がりになっています。参考にしたいセンスですね。

ヨークを編み終え、袖を分けたら身頃はすとんと真っ直ぐに編み、やや短めに。パンツにもスカートにも合う長さです。もちろん長め丈がよい方は、トップダウンなので試着しながら決めて下さいね。
身頃と袖は最後のゴム編みの手前にまたボーダーを加えてアクセントに。

サイズは出来上がりの胸回りが91.5から約8cm刻みで175 cmまでの11サイズ。
糸は中細を使用し、メインの色は890~1765mで100gのかせを3~5かせ使用、ボーダーの配色は全サイズ1かせのみです。
ボーダーに入る縦のラインが難しそうに感じられるかもしれませんが、模様は難しくないです!最大の難所は引返し編みだと思いますので、それさえクリアできれば、輪編みのできる方は問題なく編んでいただけるパターンですよ。

深めヨークとゆったり目の身頃、細身の袖のシルエットが今風です。

この写真が全体のシルエットを最もよく伝えているですが、個人的にはRirikoさんのこのポーズがとってもかわいい😍と思います。

今回は4人のテスターさんに恵まれました。
Tomomiさんのシックなグレー(妹さんへのプレゼントだそうです、羨ましい!)、Keikoさんの深いブルーとスペックル、masamiさんのおいしそうなシナモンロール風、ともしさんのスペックルxスペックルのかわいい組み合わせ、どれも見ごたえある作品です!
また、スペシャルゲストとして、yokoさんにテキストチェックをしていただきました。皆さまありがとうございましたm(__)m。

パターンはこちらから:Candyline [YR039]

コメントを残す