RirikoさんのRakuyouアトリエ・ニッツ版をリリースしました!

皆さん、こんにちは。
1月ももう下旬に入ってしまい、つい3週間前に新しい年が始まっただなんて信じられませんね。

本日はこれからの季節にピッタリなRirikoさんの新作、Rakuyouプルのご案内です。

Rakuyouは前身頃中央に配されたリーフ模様が目を引くプル。
Positive Easeのスペックルが美しい糸で編んだサンプルがステキで、わぁ😍と思われた方も多いと思います(←私)。

ボクシー型のゆったり身頃にスリットヘム、細身の袖とモダンなシルエットに、大ぶりで上品な模様が入る、とてもRirikoさんらしいプルです。普段使いできるカジュアルさでありつつも華を添えてくれ、着ていたら褒められること間違いなしです!

Rakuyouはもちろん(?)トップダウン式に編みます。
まず肩の目を作って、ゴム編みの部分で引返し編みで肩下がりを作り、その後後ろ身頃は脇下まで編みます。
前身頃は後ろ肩から拾い目をせずに別に目を作り、同じように肩下がりを作ったら衿ぐりを作り、左右がつながったらお楽しみの落葉模様を編み始めます。

脇下で、前後の身頃をつなげたら次は輪で裾まで真っ直ぐに編み、裾は前後を分けてスリットを入れます。
身頃が編めたら、はぎ目が外から見えるように肩をはぐのですが、これはデビュー作Relax以来のRirikoさんの十八番でもあり、(個人的にとても好きな)デザインポイントでもあります。
肩を合わせたら袖開きから目を拾って、袖をトップダウンに編みます。
RirikoさんのこだわりとRirikoさんらしさがあちこちに散りばめられていて、最後まで飽きることなく編めると思います!

Ririkoさんが作品をデザインをされたのは晩秋だったのでRakuyouという名前がついていますが、コットンやリネンがブレンドされた糸で編めば、これからの季節にもピッタリです。
イタリアのテストニッターさんで黄色い糸で編まれた方がいて、暗い冬の日々に陽が差したような、何とも心躍る仕上がりでした。
また、袖を七分丈にするのも良いかと思います。トップダウンですので、調節がしやすいのもありがたいですね。

アトリエ・ニッツ版のテストニットはyokoさんとtomoshiさんにしていただきました。
ようこさんはダークカラーな糸を使われて、とてもカッコいいプルに仕上げられています。
ともしさんはRirikoさんのサンプルの糸に似たスペックル入り糸が在庫にあったので、迷うことなくこちらを使われたそうですよ。
お二方それぞれのスタイルがステキなので、ご覧下さい!
ようこさん、ともしさん、いつもありがとうございます❤️

パターンはこちらから:Rakuyou [YR047]
26日まで20%オフです。

コメントを残す