eriさんのNellチュニック待望のリリースです!

皆さん、こんにちは。
もう7月ですが、まだまだ梅雨は終わりそうにありませんね。九州南部では避難勧告の出る大雨。皆様もお気を付けください。

さて、本日は皆さんお待ちかねのエリさんのチュニックのリリースです。

NellはエリさんがKOKON yarnさんのインディゴ染めの新作糸向けにデザインされた作品です。


Nellはトップダウン式に編むエスニックスタイルのチュニック。
ふんわりとしたシルエットながらも、スタンドカラーやヘンリーネックの開き具合、ふんわりギャザーの入った袖がバランスよく、もたついて見えないデザインです。

トップダウン式に、細かめのゲージで編んでいきますが、あちこちにイベントが待ち受けていて、飽きの来ない作品です。
まずはスタンドカラー。細かい飾り模様が入っています。次にラグランヨークを増し目をしながら作っていき、お楽しみのギャザーを入れます。ギャザーの前にもすべり目で細かい模様が入っているのですよ。

前身頃がつながって、袖を分けたら身頃を先に編んでいきます。Aラインになるよう増し目していき、ここが一番の長丁場ですが、脇にも模様が入っていたりして、細かいところまでデザインされています。

身頃の丈はデフォルトでは袖分けから47cmで、大体お尻が隠れるくらいになりますが、もちろん身長によって長さが異なりますので、お好みに合わせて調節して下さい。

最後に編む袖は失速しがちなものですが、Nellの袖は絶対に飽きないと思います!まず、葉っぱとお花の植物文様を編込みし、次にギャザーを入れてボリュームを出します。最後に一気に減らし目をして閉めます。

アトリエニッツではNaoknitさんにテストをしていただいていました。
ライトベージュの地に赤い編込み模様を入れた、エスニック色の強い可愛らしい作品です。
Holst GarnのSupersoftを使い切るまで身頃を編んだので、仕上がりが3cm短くなっているそう。短めにするとブラウス風になって、ジーンズ等にも合わせやすいかもしれません。

指定糸のKOKONの糸は、ミュールシングをしない羊に優しいメリノ100%の糸。さらりとした手触りだそうです。
地糸はインディゴスペックル入りのホワイト、配色はインディゴのセミソリッドです。反転させてもインディゴの揺らぎが美しい、落ち着いた作品になりますよ。

なお、限定品の藍染IndigoはKOKONの通常のfingeringより細めですのでゲージにご注意くださいね。
日本ではYarnaholicさんが受注販売をされていましたが、Eylul yarnsさんでもお取り扱いがありますので、チェックして下さいね。

パターンのページはこちら:Nell [ER025]
7月7日深夜まで20%オフです!

コメントを残す