エリさんのHaru Koharuショール、アトリエ・ニッツ版をリリースしました

皆さん、こんにちは。
やっと日本でも全国で緊急事態宣言が解除となりましたね。こちらフランスでも外出規制解除以降も感染者は減少傾向にありますが、第二の波が来ないよう毎日気を緩めずに過ごしましょう。

さて、RirikoさんのカッコいいTriangle Wavesショールに続きまして、エリさんのharu-koharuショール、アトリエ・ニッツ版をリリースしました。

Sistersというユニットを組まれることもあるお二人はRirikoさんがお姉さん、エリさんが妹分で、作品の雰囲気もお姉さんと妹に分かれるように思います。
Ririkoさんはお姉さんらしくきりりと端整で、エリさんの作品はもう少し甘くふんわりとした雰囲気。Haru Koharuも、名前も色も、柔らかい印象のショールです。

Haru Koharuは、エリさんがKOKONのミッシェルさんと一緒に作られたショールです。
仕事柄、こちらのショールの写真を皆様に先駆けて見せていただいたのですが、その美しさにハッとしました。
ミッシェルさんにはショールのキットを作りたいという夢があり、エリさんにデザインをお願いし、手染め糸を用意されました。ショールに使われている3色はKOKONのLimited Editionといってスペックル(つぶつぶ)入りの特別な限定色です。
エリさんはいつも毛糸を見て、触って、毛糸とお話をしてデザインを決めるのだそうですが、デザインと糸の雰囲気があまりにもピッタリで、まさにこのショールのために染められた色、この糸にこれ以外のデザインは考えられない、と思いました。
こちらの手染め糸は3月より、キット限定で販売されています。写真の右側の淡い方が春バージョン、右側のやや濃いめが小春バージョンです。

ショールはトップダウン式に上側から編み、増し目をしながら変形三角形を作っていきます。
淡い青緑のところに使われているのがリーフステッチで、ここには交差模様が使われています。薄黄色はデューステッチ。葉から伸びていくねじり目のリブの蔓に、しずくが滴るようです。
最後のピンクはブルーミングステッチで、蔓の先にお花が咲きます。

ショールには中細糸400mが3色必要です。
キットを逃してしまった方も、とっておきの糸で編んで下さいね。

パターンはこちら:Haru Koharu [ER034]
RirikoさんのTriangle Wavesと並んで31日まで20%オフです!

コメントを残す