今年も出します!真夏のBoo Knits レースショール

皆さま、こんにちは。

7月も半ばを過ぎ、もうすぐ本格的な暑さがやってきますね。
今年も暑い時でも編み物を続けたい皆さまに、Boo Knitsさんのレースショールをお届けします!

今年リリースするのは3点。
Boo KnitsさんのミステリーKAL作品だったGothic Angel、Love is…と最新作のFlirtologyです。

今年独断と偏見で選ばせていただいた3点は、奇しくも?すべて総レースのショールです。
いずれも、100gにつき600~800mのやや太めの極細糸で編みます。糸はBooさんのおすすめはシルク100%またはシルクを多く含む糸です。シルクは強い素材でハードなブロッキングに耐えられ、ブロッキングで作った形を留めるからだそうです(ちなみに今年の3点はいずれも、アルパカメインの糸はブロッキングを留めないので避けるように、との注意書きがあります)。
夏には涼しい極細のシルクまたはシルク混糸は、夏のレースショール編みにピッタリなのですね♪
ビーズはオプションですが、入れた方がもちろんゴージャス感アップ。Booさんのおすすめはこれまでと同じでTOHOまたはMIYUKIの4mmビーズです。

さて、Gothic Angelは、2018年のミステリーKALの作品でした。同じくAngelが付く人気作Snow Angelより、ぐっと大人っぽいイメージの作品です。
その一つ一つが羽根のような模様のレースが全体を飾ります。

その中から中央にビーズを多くちりばめた、凝ったレースが現れてきます。羽根が開いて、隠されていた宝石の入りのレースが現れるイメージなのだそうです。

こちらはGothic Angelというタイトルもあってか、ラベリーではダークトーンの作品が多く見受けられましたが、白や淡い色で編めば、天使の羽根のような作品になるかと思います😇。

2点目のFlirtology(フラート学)は、総レースショールでありながらも、今年リリースする3点の中では最も平易です。
フラート(恋愛未満の駆け引き)というネーミングの示す通り、レース模様は愛らしく魅力的。

シンプルなレース模様があでやかな縁の徐々に移行していくさまも見事です。

ピンクで編めばかわいらしく、ダークカラーで編めばシックな印象です。

結婚式などの特別な機会やデートの夜だけでなく、普段から羽織って人生を謳歌しましょう!とのことです。

最後の1点は2020年のバレンタインKALの作品。
愛はBoo Knitsさんにとって重要なテーマですが、このショールはその名もLove is…です。
ショール本体部分の模様が幾何学的に表現されたハート模様が連なっているように見えませんか?

シンプルなこの模様にビーズが途中から入り、そこから縁の模様が展開してきます。

もともとサンプルは単色で編まれているのですが、ロングピッチの段染め糸で編んでもステキな作品になるということで、ラベリーのパターンページでは段染め糸の作品をちらほらと見かけました。ちなみに上の写真2点は、ラベリーから写真→作品→ブログと辿って行ったところ、以前にも当店のレースショールを編んでいただいた、アクセサリー作家のお客様の作品でした。美しく繊細なアクセサリーをぜひチェックして下さいね。

さて、今週レースショールをリリースしたのは、今週末からkusumike yarn のkussyさんの音頭で、皆さんお待ちかねの#真夏のレースショールKAL2020が始まるからです。
まだ編むものを迷っている方もいらっしゃるかと思いますが、候補に入れていただければ幸いです。
ご存じない方は予告のポストをチェックして下さいね。例年通り、kusumike yarnのプレゼント企画もあります。

また、レースショールKALに向けて、フラッシュセールを開催!Boo Knitsさんのパターンを明日17日(金)深夜まで、10%引きでご提供します。
この機会に編みたかったあの作品をぜひゲットして下さいね!

コメントを残す