エリさんのito-yuuアトリエニッツ版リリースしました!

皆さん、こんにちは。

本日エリさんの新作、糸遊/ito-yuuをリリースしましたのでそのお知らせです。


糸遊はエリさんが今年初めてリリースされるパターンです。
ITO yarnというドイツのメーカーさんから糸の提供を受けてデザインされました。
ITOさんは名前から想像されるように、日本で糸を製造されているのだそうです。糸名も日本語であることが多く、親しみがわきますよね。
エリさんは様々な糸のサンプルをいただいたそうですが、RakudaとSensaiをピックアップされました。Rakudaはキャメル入りの糸、Sensaiは繊細なモヘアの極細糸です^^。
この2種を引き揃えると、とても柔らかな編地が出来上がるのですが、編地の印象に合わせてふんわりとしたプルをデザインされました(エリさん、ウサギさんみたい)。
パターンはテクニカル編集と言って、テストニッターさんに編んでいただく前のチェックもさせていただいたのですが、ファイルを開いてきゃあ😍となりました。

トップダウンに襟から編み始めるのですが、まずこの分かれた襟がステキです。

スタンドカラーが編めたら編地を輪にして、背中心に交差模様を編み始めるのですが、この模様ハートのように見えませんか😍

輪にしたらまず肩の増し目をして身頃の目を作り、次に袖の増し目をするのですが、増し目で肩と袖山にギャザーが入ってふんわりと見える仕掛けです。

袖はパフスリーブになるように編み、袖口のリブを長めにとってあります。

身頃と袖を分けたら身頃は真っ直ぐに、交差編みを続けながら輪編みし、裾で再び後ろ中心で分けます。

何だろうこのかわいさはと思っていたのですが、特にこの写真のシルエットが、ギャザースカートということもあって、19世紀の貴婦人が着ていたドレスを彷彿とさせるのだと、今思い当たりました!スタンドカラーにギャザー入りのパフスリーブ、後ろ裾の分かれ目など、当時のドレスにも見られそうなディテールですよね。

今回のアトリエニッツ版のテストはamimonchanさんにしていただきました!
黄色い糸にベージュのモヘアを合わせることで、黄色の鮮やかさを少し抑えられています。春が来たような、気分の上がるプルなのでぜひご覧下さいね。
monchanさん、今回もありがとうございましたm(__)m。

襟はブロッキングでピンを入れて立たせるのですが、襟の立ち具合やギャザーの入り方が糸によって異なるそうです。
monさんもエリさんも、細く軽い糸を引き合わされているのですが、指定より太い糸を使うと、襟の上部の丸まり具合が変わって来るそうです。くるんとしているのもかわいいかな、と思いますが、エリさんのサンプルのように仕上げられたい場合は軽い糸を使って下さいね。

パターンはこちら:ito-yuu [ER043]
22日まで20%オフです!

コメントを残す