エリさんのkaiiカーディガンAK版をリリースしました!

皆さん、こんにちは。
今日で11月もお終い。今年も残すところあと1か月となってしまいました。
新たな変異株の出現で先行きの見えない年末となりそうですが、気を引き締めてあと1か月を乗り越えましょう!

さて、本日ご紹介するのはエリさんの新作グラデーションカーディガンkaiiです。

グラデーションの美しさが目を引く作品は、フランスのtôt le matin(ト・ル・マタン)Yarnsさんからグラデーションセットの提供を受けてエリさんがデザインされました。
カーディガン本体部分に使われているNuageという糸は、シルクxモヘアxナイロンがベースで、太めのシルクにモヘアが配された、ちょっと珍しい糸なのだそうです。

シングルプライの光沢感のあるメリノにモヘアのふんわり感が美しいですね。

これをグラデーションになるように配置し、色替えの際にアクセントとなるすべり目のステッチが入ります。

つくりはトップダウンで、ネックからラグランのラインで増し目をしながら編んでいきます。
上から薄い色から濃い色へと変化していくのがBFLバージョンといい、tôt le matinのBFLという糸を裾や袖口、前立てに使っています。ポケットもついて、ややカジュアルな印象です。

濃い色から薄い色へと変化していくのがFadeバージョン。ちなみにフェードは近年グラデーションの代わりに使われている言葉です。

こちらは裾までメリヤスとすべり目のステッチで編み、お袖もふんわりとしていて、エレガントな雰囲気です。
どちらのバージョンも前立てには身頃のアクセントとなっているすべり目のステッチが使われ、全体の印象をまとめているのですが、Fadeバージョンではフェードというだけあって、前立てにもグラデーションが入ります。色の変化の具合がとても美しいですね。

どちらのバージョンにもお袖には大ぶりな縄編み模様が入ります。


BFLバージョンは袖口まで模様がつながっているのがなんとも心にくいですね。

こちらのテストニットはおなじみのmakiさんにしていただいたのですが、makiさんは指定糸のグラデーションセットで編まれていて、染色はなんとtôt le matinさんにお任せしたそうです。
届いたのはグレーベースに赤や紫のスペックルが入った美しい糸でした。糸が届いた時にかせの写真を送って下さったのですが、超ツボな色でした!
makiさんはFadeバージョンを編まれています。ステキな着画と糸の写真をぜひチェックして下さいね
まきさん、今回も本当にありがとうございました!

パターンはこちら:kaii [ER052]
12/3深夜まで20%オフです!

ところで、半分私事になるのですが、tôt le matin YARNSさんは先日西東社さんから発売になった『世界のときめく毛糸の図鑑』でも紹介されています。
こちらの本には紹介されている海外糸を使ったパターンが8点掲載されているのですが、パターンの校正に携わらせていただきました。
お預かりした原稿はパターン部分のみだったので、これから「糸」部分を読むのが楽しみなのです。
届いたばかりなのでまだパラパラとページを繰っただけなのですが、図鑑と銘打っているだけあって写真も情報も豊富。なんと47ブランド200種の毛糸が紹介されているそうです!眺めているだけで楽しい本ですよ。
tôt le matin さんはベース糸が多いので、NuageとBFLは残念ながら掲載されていないのですが、オーナーのダイヤーLaurianneさんの写真もあり、親しみがわきます。

世界のときめく毛糸の図鑑 [ 西東社編集部 ]
価格:3080円(税込、送料無料) (2021/11/30時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コメントを残す