イザベル・クレーマーさんのAldousをリリースしました!

皆さん、こんにちは。
コロナウィルス関連の報道に戦々恐々とする毎日ですが、皆さまお変わりないでしょうか。衛生に気を付けて毎日お過ごし下さいね。

さて、先ほどイサベル・クレーマーさんのAldousをリリースいたしましたので、そのお知らせです。

Aldousは昨年の秋にリリースされた、シンプルでカジュアルなセーター。春物のトレーナーのようなイメージです。

身頃が真っ直ぐなストレート版とAライン版があり、ライトベージュがAライン、薄紫がストレートです。

トップダウン式に作り、Susie Myerさんが考案したセットインスリーブをトップダウン式に編む「コンティギュアスメソッド」の改良版が使われていて、増し目で身頃の目を作りながら、衿ぐりの形を引返し編みで作ります。身頃の目ができたら、今度は袖の目を増し目で作りながら編み進み、脇下で袖と身頃を分けます。

身頃と袖は、最後のゴム編みの手前で飾りのツイストブレードを編みつけ、身頃のゴム編みは前後がつながっているものと別れているスリットヘムから選べます。

イザベルさんはいつも脇、袖下にはフェイクシーム(縫い目に見せかけた目)を使いますが、このデザインではフェイクシームが後ろ中心と袖と身頃の境目のラインにも入り、デザインにアクセントを添えています。

100g当たりの糸長が300m程度の合太糸で編みますが、これより少し細めの糸で編んだり、シルク混等の糸で編んだら、ドレープが出てシックな感じになりそうです。
これからの季節にはコットン混の糸もよさそうですね。

パターンはこちら:Aldous [IK015]
着倒せるカジュアルセーターを作りましょう!15日土曜日深夜までリリース価格でのご提供です♪

コメントを残す