北緯45度55分のショールカラーカウル

皆さまお久しぶりです。
ひどい鼻風邪を引いてしまって、1週間以上編み物から遠ざかっていました
(テレビを見ながら編みものをしていたら眠りこけてしまったという・・・)。
やっと少し復活です。

というわけで、以前に完成していたもののご報告です。
まずは懸念の(?)ショールカラーカウル。
ボタンは困った時の・・・のドログリーでしっくり来るものを見つけました。

Ochre Shawl Collared Cowl with buttons


真鍮のように見えますが、イミテーションです(でも金臭い気が)。
カウル本体の黄色を含みつつも反対色が基調。
真ん中だけ四角なのは、四角を3つ並べても丸を3つ並べてもピンと来なかったのですが、店員さんに混ぜてみたらどうですかと言われて、このようにしました。

実は2週間ほど娘の小学校が秋休みだったので、1週目はタイトルの緯度にあるフランスのとある島に行き、テレビもネットも電話もない、携帯さえ持っていないという、ないないづくしの生活を送ってきました。
季節外れの温かさに恵まれ、ゆっくりと時間を過ごせたのはいいのですが、油断したのか鼻風邪を引いてくることに-_p。

海辺で写真を撮ってみたのですが、よくわからないですね;。

Ochre Shawl Collared Cowl – on the shore

家でも撮ってみました(エラそう?)。

Ochre Shawl Collared Cowl – buttoned

【作品メモ】
パターン/Pattern:Shawl Collared Cowl by Alana Dakos (日本語版をこちらで販売中
糸/Yarn:Malabrigo, Worsted: Frank Ochre
針/Needles:5mm & 5.5mm(JP10号&12号相当)

次回は海辺でイケてない写真を撮った別の完成品のご報告をしたいと思います^^。

応援ありがとうございます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

【追記】
使用糸マラブリゴのWorstedはピエロさんでも販売中(段染めと単色でページが別になっています)。

コメントを残す