eriさんとRirikoさんのSisters プロジェクト第2弾、Duneをお取り扱いします

皆さん、こんにちは。
梅雨空の続く日々、夏は暑いとわかっていても、早く梅雨が明けて欲しいものですね。

さて、今日はRirikoさんとeriさんのSistersプロジェクト第2弾Duneのリリースのお知らせです。

普段から仲の良いお二人が、一緒にデザインをできたら楽しいね、と言っていたところに手芸アトリエfilさんがお二人でデザインを・・・という話をされて始まったSistersプロジェクト。
第1弾は同じ模様を使ってデザインをされましたが、第2弾は同じ糸がテーマで、日本のダイヤーのAyaさんのMythica Fibersの夏糸、Rustic Silkを使われています。
お二人が選ばれたのは、夏モノにピッタリなナチュラルなDune色。今回は、前回とは逆に、Ririkoさんがカーディガン、eriさんがプルを手がけられました。

お姉さん分のRirikoさんのDune and Modestyは、ワッフル地のように見える変わりゴム編みを使った、リラックスフィットのカーディガンです。肩パネルと身頃の下側に模様が入って、肩から袖にも模様が流れていきます。

袖は七分袖と長袖の2つから選べ、前開きの留めもボタンとリボンが選べます(リボンかわいい❤️)。

こちらの長袖バージョンは同じMythica Fibersさんの、Heavenly Sock、Modesty色を使われています。

トップダウン式に作り、まずは肩のゴム編みのパネルを編み、縁から目を拾って身頃の目を作ります。引返し編みで肩下がりを作ったら、前身頃のVネックを作りながら編み、脇下でつなげます。
その後、身頃は一続きに編んでいきます。ゴム編みを始める前に飾り紐(ブレード)を編むのですが、これが前開き全体を縁取るIコードとマッチしていて、デザインに統一感を与えているのですね。

変わりゴム編みも、編み手が編みやすいように書かれていて、Ririkoさんの細やかな気遣いがあちこちに感じられます。
シンプルで着回しが利くので夏から秋にかけて、ヘビロテ間違いなしです!

アトリエニッツ版はYokoさんとtomomiさんにテストしていただきました。Yokoさんは冬糸で、tomomiさんは夏糸で、お二人とも合わせやすいライトグレーのカーディガンを作られていますよ。

妹分のエリさんのデザインも、ゆったりシルエット。ローゲージで、夏には風が抜けていくのが嬉しいですね。acoと同じ、ボートネック風の浅いVですが、作り方が少し違います。あこプルを作られた方は、違いを楽しんで下さい^^。

トップダウンでネックができたら、肩にさりげない透かし模様を入れて往復編みします。身幅まで増し目をしたら前後を別々に編み、袖開きを作ります。脇下で身頃を再びつなげ、その後は輪編みにします。

前はシンプルなメリヤス編みで、後ろ身頃の中心に細かい交差編みが入りますが、前後を逆にしても着られますよ。

アトリエ・ニッツ版をテストをしていただいたnaoさんは、Rustic Silkのテキーラサンライズ色バージョンを使われています。パッキリとした色がとても夏っぽいです!

エリさんも長袖バージョンを作られています。同じ編み方でゲージも同じですが、冬物なので、やや太い糸を使って温かく。交差編みの模様の入り方が少し違い、袖口には長いゴム編みが入ります。
こちらはイタリアのカシミア糸ブランドCardiffのClassicで編まれています。カシミア100%のセーターはとても軽いそうですよ。

どちらも一粒(?)で2度おいしいパターンです。
10日までラベリーに合わせて20%オフ。本格的に暑くなる前に作っておきましょう!
Dune and Modesty [YR025]
Dune and Foresta [ER026]

指定糸のMythica Fibersさんの糸もチェックして下さいね:Mythica Fibers

コメントを残す