サーキュラー・キャストオン

皆さん、こんにちは。
冬休みをしっかりといただいたため(娘がいて仕事にならなかったんですが)、久々の更新となってしまいました。

今回は近々リリースする予定のパターンで知ったテクニックをご紹介したいと思います。
それは、サーキューラー・キャストオン。
名前のとおり円状に作り目をする方法で、円形の作品を作るときに重宝するやり方です。

当店のアカウントをお持ちの方は、チュートリアルページよりPDFファイルをダウンロードしていただけます。
プリントアウトしてお手元に置いていただけると嬉しいです^^。

用意するものは、編み糸とかぎ針。グリップのついていないものが便利です。

かぎ針の輪の作り目のような要領で、目を作っていきます。
(写真が見えにくい場合、クリックすると大きく表示されます)

1.左手人差し指に糸を1回巻きつける。右側が糸端です。
CircCO1

2.輪の中にかぎ針を輪にくぐらせ、向こう側の糸を引き出す。 3.次に、かぎ針に糸をかけて2でできたループから引き出す。
CCO1 CCO3

これで1目できました。
CCO2

4.2と3をくり返して、輪に必要な目数を作ります。(細編みとは違い、前の目に引き抜きません)。
CCO5 CCO7

5.作り目終了(8目)
CCO8

6.これを4本針に分けます(2-3-3目)。グリップのついていない針だと、お尻からうつせて便利です!
CCO10
グリップのある場合は頭の方からうつします。

7.うつした目を編みます。右は1段ねじり目で編んだ状態。
CCO11 CircCO11
*英語圏のチュートリアルでは全く言及がないのですが、作った目はねじれていますので、右から針を入れてねじり目で編むとねじれが取れます。

8.増し目をしながら数段編み、糸端を引っぱって真中の穴をとじました。
CircCO12

こちらでご紹介した方法は、エミリー・オーカーさんのサーキュラー・キャストオンと呼び習わされています。
天下のエリザベス・ジマーマンさんの本でそのように紹介されているからです。
円状に作り目する方法は他にもいくつかあるようです。編み物って奥が深いですね~。

こちらのテクニックは輪編みで編む正方形のブランケットKorrigan Blanketや、円形ブランケットOld Forgeに利用できます!