今年最後の新商品リリースです


皆さん、こんにちは。
今年最後の新商品のご案内です。

一年をしめくくるににふさわしく、有終の美を飾る(?)大作。
当店の人気デザイナーさん、マルティナ・ベームさんのNuvemです。

Nuvemはポルトガル語で雲を意味するそうで、ヌーヴェンと読むそう。
リンチラのような縁のフリルがふんわりと雲のようでフェミニンな、
超大判ショールです。

大作、というのは糸の使用量が多いという意味もあります。
指定どおりだと、極細(レース)糸を300g、1590m使用!
できあがり寸法は、幅75cm、長さは170cm。
写真のようにぐるぐると巻きたい(巻かれたい)大きさです。

もちろんクレバーなマルティナ・ベームさんのパターンのこと、
縁のフリルを編み始めるポイントが糸の残り量で指定してあるので、アレンジも可能です。

順序が逆になってしまいましたが、このショールは横に長い六角形をしています。
編み始めるのは真中のラインから。
輪針を2組使って、マジック・キャストオンという方法で目を作り、全体を輪編みしていきます。

作り目が少々厄介ですが、ロンドンにお住まいのニットデザイナー仲吉恭子さんが
ブログで日本語のチュートリアルを公開されているので、許可をいただいて
パターンからリンクをさせていただいています。
この作り目をご存じない方は、こちらからどうぞ!:ジュディーさんのマジック・キャストオン

全体を輪編みで作っていくので、メリヤス砂漠ですが、裏編みは一切なし。
表編みと増し目だけで出来てしまいます!
最後にフリルを作って、伏せ止めします。
ウェア並み、またはそれ以上に糸がいるのに、ラベリーですでに1500近いプロジェクトがあるのは、
根気があれば初級ニッターさんでも編める気安い作品でありつつも、
その大作ぶりに、熟練ニッターさんのチャレンジ精神をくすぐるのかも。

着方のアイデアです。

パターンのご購入はこちらから Nuvem[MB007]

今年は個人的には健康運の悪い年だったのですが、
念願の邦訳パターンショップをオープンでき、
(スティーヴン・ウェストさんのBoneyardショールを翻訳して以来、ちらついていたアイデアだったのです。)
テストニッターの方々やお客様との出会いもあり、大変実りの多い年でした。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

明日から娘とダンナが冬休みだ~。。。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ