ショップ再オープンとFrench Cancanリリースのお知らせ

皆さん、こんにちは。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、アトリエ・ニッツは火曜日の夜から昨日までお店をクローズさせていただいておりました。
GW終盤にメンテナンスをしておこう、と思ったらはまってしまったのですね( ̄ロ ̄|||)。
昨日プロの方に見ていただいて、やっと復旧いたしました。
皆様にはご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。
(それにしても、あ~怖かった~-_-;。もうあんな思いはしたくありません!)。

French Cancan1そのようなわけで、やっとFrench Cancanをリリースできる運びとなりました!
テストニットをしていただいたknitlogのanemoneさんが詳しくレポしてくださっていますが、French Cancanは細めの並太糸(DK)で編むショール。
細い糸で編むショールに比べると繊細さは劣りますが、縁にレース(←これはショールにはよくあるデザイン)だけでなく、ケーブルを配したとてもオリジナリティーの高い作品です。
作りはトップダウン式で、ガーター編みの本体を編んでから縁を編みつけていきます。両端で増し目をしていくので三日月の形になって、肩のラインにきれいに寄り添います。
縁の縄編みは三つ編みの編みこみからインスピレーションを得たそうですが、英語ではFrench Braidというのですね。だからフランス人のデザイナーさんらしくFrench cancan、というネーミングを選べれたのだと思います^^。

指定糸はDKクラスの100gかせを2つですが、本体に半分、縁に半分を使用するので、細い糸でも代用できます。デザイナーのキャロリーヌさんも、中細糸バージョンを編まれていますよ→
360m使われているので、これだと中細の100gかせ一つで足りそうですね。冬まで使うのが待てない!という方は細い糸で作ってみて下さい^^。

anemoneさんのレポにもありましたが、パターンはとても親切に書かれています。
本体の編み方も至ってシンプル。
縁編みがやや難しいので、この部分は写真チュートリアルで説明がありますよ。

パターンご購入はこちらから:French Cancan[MC001]

リクエストをいただいた作品を出せて嬉しいです^^。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村