eriさんのKOKONコラボ作品2点をお取り扱いします

皆さん、こんにちは。

昨日に引き続きまして、パターンお取り扱い開始の嬉しいお知らせです。
今日はエリさんが本日付でリリースされたKOKOとKlimopの2点をご紹介します。

KOKOとKlimopは、KOKON YARNというオランダの新しい糸メーカーさんとコラボされた作品。
KOKONさんは、南アフリカのミュールシングをしない羊から取られたメリノウールや、フェアトレードのアルパカウール等から糸を作る、環境、社会意識の高いメーカーさんです。

KOKOとKlimopはeriさんがKOKONのミシェルさんから依頼を受けて、中細クラスのFingering weight merinoを使ってデザインされました。

KOKOは、トレーナーのようなゆったりフォルムのプル。

トップダウン式に編むラグランヨークのプルですが、とてもシンプルに見えて、衿の縁編みからラグランラインのゴム編み模様が流れ出て、身頃と袖を分けた後は、ゴム編みが脇のパネルへと流れ込むようになっています。

ストンとした身頃の裾は、引き返し編みで前後差をつけるようになっていて、細かなディテールが楽しめるプルです。

Klimopは、細長く、大きな葉っぱのような形が面白い大判マフラー。

Klimopは蔦という意味のオランダ語で、美しく絡み合う縄編み模様は、蔦をイメージしたもの。
ほんの数目から編み始め、縄編み模様を編み始めるまで増し目をしていき、ゆったりとした交差模様を真っ直ぐに編んだら、今度は減らし目をして反対の葉先を作ります。

基本は文章パターンですが、アトリエ・ニッツ版には一番難しい(と思われる)増し目パートの記号図も作ってみました^^。

指定糸のKOKON Fingering weight merinoは、日本ではEylul yarns さんでお取り扱いがありますので、チェックしてみて下さいね(KOKONさんのサイトでは直接販売されていませんのでご注意下さい)。

パターンはKOKOとKlimopを別々にもお買い求めいただけますが、セットでの販売もしております。
いずれも17日まで20%OFFです!
KOKO [ER013]
Klimop [ER014]
KOKO + Klimop [ER015]

コメントを残す