ハイディ・カーマイヤさんのAtelier リリースです

皆さん、こんにちは。
先日Atelier のテストニット開始をお知らせしたばかりですが、テストニッターさんのRirikoさんが猛スピードでテストして下さったので^^、早くもリリースできる運びとなりました。
(皆さんRirikoさんのカッコいい着画をご覧下さいね。前から後ろ姿があります!)

atelier1 atelier2
Atelierは前回もご紹介しましたが、Vitamin Dで有名なハイディ・カーマイヤさんの6年前の作品です。クリーンでシンプルなラインが特徴のハイディさんのデザインが注目を集め始めた頃でした。
Atelierもシルエットがとてもすっきりとしていますが、シンプルなようでありながらもいろいろと細かい工夫がされていて、編んでいて飽きず、着れば体に付かず離れずに、体のラインをきれいに見せてくれるようになっています。そしてこういうデザインは飽きも来ないのがポイントですね。

Atelierの作り方はというと、ハイディさんのデザインですからやはりトップダウン式。
ネックから増し目をしながらまずヨークを作ります。そして先に袖を編んでしまって(パターンでは平編みですが、輪編みも可能です)から、ヨーク前側の縁から目を拾って、身頃を編んでいきます。
実際のウェストより少し高めの位置に編むウェストバンドも体のラインをきれいに見せてくれるヒミツです^^。そして最後はお楽しみのポケット。ガーター編みのたっぷりボリュームがかわいらしい。

50g=150m程度の糸長のある合太で、ドレープの出やすいシルクやバンブー等が入った糸が理想的だそう。これからの季節にはぴったりの太さの糸ですよね。
サイズはでき上がりの胸まわりが78cmから約8cm刻みで129cmまでの8サイズ展開。糸長は950~1600m必要です。
また、縁をIコードで編むバージョンと、Iコードを使用しない比較的平易な簡易バージョンがあります。でもIコードは難しくないです!表編みが出来ればできるので挑戦して下さい^^。

皆さん春に向けて名作カーデを作りましょう!
パターンのページはこちら:Atelier [HK005]

コメントを残す