Askews me shawlリリースです!

皆さん、こんにちは。
年の暮れも迫り、新年を迎える準備にお忙しい頃かと思いますが、アトリエ・ニッツ今年最後のリリースにお付き合い下さい。

本日リリースするAskews me shawlは、ブリオッシュ編みブームの仕掛け人であるスティーブン・ウェストさんのデザインです。
ブリオッシュ編みは日本では「両面引き上げのイギリスゴム編み」とも言われていますが、1色のみを使う編み方と2色を使ってリバーシブルの編地が出来上がる編み方の2通りの編み方があります。
スティーブンさんもまずは1色から挑戦され、そのときに編まれた作品Ferocious Briocheousをフリーパターンとして公開されています。当店ではその日本語版を提供しておりますので、初めてこの編み方に挑戦される方はご利用下さいね(なお、1色のブリオッシュ編みについては、3回にわたって記事を書いておりますのでこちらも合わせて参考にしていただければ幸いです)。

askews-me1 askews-me3

2色のブリオッシュ編みの作品をデザインされるようになってからは、Askews me またはBriocheveronと銘打ったパターンを次々と発表されていますが、このAskews me shawlはその原点ともなる作品です。
Askew(傾いた)というネーミングのとおり、増し目と減らし目を効果的に使って非対称の三角形を作って行きます。Malabrigoの合太糸Arroyoを使ったサンプルはリバーシブルという特性を活かして、シンプルにモノクロームに仕上げられた作品でグラフィックなラインが印象的です。
(そしてAskews me はexcuse meを引っ掛けていて、そんな遊びゴコロも粋です)

もちろん、2色と言わず、カラフルにしても楽しいですよ。
テストをしていただいたmusicomusicoさんは、発色の鮮やかな段染め糸にグレーとオレンジの糸を合わせられていますが、お相手によって段染め糸の印象が変化して面白いですね。

リバーシブルブリオッシュ編みは1段を2回編むことになるのでなかなか時間はかかりますが、出来上がった編地はふっくらとして温かいですよ。大判のショールなので真冬には重宝しますよね。

パターンはこちらから:Askews me shawl[SW020]
(スチーブン当店20作目です^^)

皆様今年もお付き合いいただきましてありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m。

コメントを残す