【着画】さわやかマリンルック?

変なタイトルに引かれてこちらまで来られた皆さま、ご訪問ありがとうございます。
ハイディ・カーマイヤさんのShellseeker、水色とライトグレーで編んでいたので、さわやかマリンルックが目指すところだったのです。結果はどうあれ・・・。

さてこのプル、ずいぶん前に糸始末さえ終了していまして、フランスは8月はずいぶんと涼しかった(連日20度!)ので、すでに朝夕には着回していたんですが、写真を撮る機会、いや気力がなかなか出なかったのでした。

我が家のへたっぴカメラマンにとってもらいました。

例によって公園焼けしております・・・。

使用糸は以前レポしたo-woolさんのBalance
コットンとメリノウールのブレンド糸で、日本ではYarnaholicさんでお取り扱いがあります(現在は残すところ1色のみ!)
コットンブレンドなのでMalabrigoやMadelinetoshのメリノ糸のようなやわらかさはありませんが、素朴なところがとても気に入っています(皆さん、AKIKOさんにラブコールしましょう!)。
Ruby色も購入してあるので、近々娘のワンピを編む予定です。

このパターンはポケットがポイントなので、ポケットにも手を入れてみました~。

楽しい(>_<)!! (しかしタイマーで撮ると暗いですね・・・。ビミョウにピントがぶれてるし) 変更した点はほとんどなし。 縦ゲージがやや短かったので、袖と身頃を分ける直前のラグラン増し目の間隔をあけたくらいです。 そのほかは素直にパターンどおりに作りました。 ネックをゴム編みにする方もいますが、メリヤス編みのくるんと丸まるところが好きだったりするのでそのままに(計算するのがめんどくさかったって言いなよー)。 袖の長さも変更なしで、手首が隠れるくらいになりました(注意:わたくしデカいです)。 あ、一つだけ新しいテクを試しました。 プルの身頃は輪編みにするのですが、色替えのときに"段差"が出ないようにするテクが、最近購入したエレーヌ・マグヌッソンさんの本にあったのを思いだし、実践。
また別の機会にレポしたいと思います。

最後におまけ。
このコンビネーションはどこかで見たことがある・・・と編み始めてから気づいたのですが、ダンナさんのポロシャツの色だったのでした。
blue-grey

【作品メモ】
パターンShellseeker by Heidi Kirrmaier
使用糸:O-wool, Balance: Talc & Opal
:3.75mm(JP5号と6号の間)
ラベリー作品ページ → Douces rayures

いつもおつき合いありがとうございます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

コメントを残す