引き返し編み考~序

皆さんこんにちは。
Vitamin Dリリースをお待ちいただいている方には肩透かしになってしまって申し訳ありませんが、
今回はちょっぴり硬派な話題です。

皆さんもご存知のとおり、Vitamin Dにはラップ&ターン(W&T)方式の引き返し編みが使われています。
個人的に現在編んでいるHeidi KirrmaierさんのChance of ShowersにもW&Tが使われていたり、
miyayoさんとW&Tの糸の巻き方でいろいろと教えていただいたり、
クッキーのママさんにテストしていただいているBaju Bakauで新しいドイツ式というのを知ったりと、
最近引き返し編み三昧で、いろいろと考える機会があり、ちょっとまとめておこうと思いました。
数回になると思いますが、おつき合いいただければ幸いです。
Read more …

サーキュラー・キャストオン

皆さん、こんにちは。
冬休みをしっかりといただいたため(娘がいて仕事にならなかったんですが)、久々の更新となってしまいました。

今回は近々リリースする予定のパターンで知ったテクニックをご紹介したいと思います。
それは、サーキューラー・キャストオン。
名前のとおり円状に作り目をする方法で、円形の作品を作るときに重宝するやり方です。
Read more …

フランス式(?)にポンポンを作ってみる

マラブリゴのWorstedで娘用にコリガン・ハットを編んでいます。
今度はポンポンバージョンにすることにして、
週末熱を出して今日も大事をとって幼稚園を休ませた娘とポンポンを作ってみました。

コリガン・ハットの編み方に載っているポンポンの作り方が日本のものとは違います。
ネットで見つかったフランス語のポンポンの作り方のビデオなどでは、どれも同じ作り方だったので、
これがフランス式なのだと思います。
Read more …

目からウロコの作り目

先日翻訳したパターンで、面白いテクニックが使われていたので、ご紹介したいと思います。
それは、「指でかける裏目の作り目」。

普通の指でかける作り目だと表目が出来るので、メリヤス編みだと裏の段から編み始めますよね。
日本のパターンは作り目が1段目なのでこれでよいのですが、海外パターンだと作り目は0段目です。

で、1段目が表編みで始まっていたりすると、目の間を編出す作り目など、別のやり方で目を作らないといけません。
目の間を編出す作り目も仕上がりがきれいなんですが、ちょっと面倒。
というわけで、日本のニッターさんなら誰もが慣れている「指でかける作り目」を応用したこのテクが役立ちます。
Read more …