Icelandic Leaves リリースしました

Icelandic-leaves1皆さん、こんにちは。
大変お待たせいたしましたが、ひろねこさんにテストしていただいたミトンとタムのセット、Icelandic Leavesをリリースします。

パターンのデザイナーはアイスランド在住のエレーヌ・マグヌッソンさん。
ネーミングにあるリーフと呼ばれる模様やスクエア柄など、アイスランドで伝統的に使われるモチーフを編込みしていきます。でも6色使うので、カラフルでモダンな仕上がりに。

エレーヌさんによれば、一般的に編込みのミトンに使われるのは細い糸なのだそうですが、このパターンでは並太糸を使うことで、暖かさをアップ。
使用糸のレットロピーは人気で毎年売り切れ続出ですが、寒い寒いアイスランドの羊の毛を使った、軽く暖かい糸です(そしてとてもリーズナブル!)。編んでいるときはちょっとゴワゴワ感がありますが、洗うと少し柔らかくなり、起毛感がさらにアップ。敏感肌の方や首周りにはおススメしませんが、ミトンや帽子ならOKだと思います!
写真はエレーヌさんの人気パターン、ブリーニャ・カーディガンと合わせたもの。ブリーニャを作られた方はぜひチャレンジしてみて下さい。カーディガンに合わせて配色を考えるのも楽しいですよ~^^。
この作品だけ作りたいという方は、ひろねこさんの配色も参考にして下さいね。地色=57、配色1=54、2=9418、3=9428、4=85、5=5だそうです。

輪編みで編込みをしていきますので、色替えのときは段差が出来ない方法を使って下さい。
パターンのページはこちら:Icelandic Leaves[HM009]

エレーヌさんはGrýlaというアイスランドウール100%を使った合細タイプの糸をプロデュースされているんですが、今期はこの糸を使ったミトンのコレクションを発表されています → Grýla Collection
どれをリリースしようかな^^(Mosiに一票!)。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

Deer with little antlers hatリリースです

皆さん、こんにちは。
今年もあっという間にもう12月ですね。もうすぐお楽しみのクリスマスです^^。

さて、タイトルは硬派に(いつの言葉でしょう)正式名称で決めてみましたが、通称鹿ハットをリリースします。
先週リリースしたボーダーカウルShips and SeasideとフリーパターンのSome Cloudy Dayに続き、Tiny Owl Knitsのステファニーさんの作品です。
deer1
残念ながらトナカイではありませんが(でも同じシカ科だしっ^^)、クリスマスプレゼントにもクリスマス気分を盛り上げるにもピッタリの、楽しいアイテムです。
子どもはこういうの、好きですよね。haruhinaさんにテストニットをお願いしたときは、お嬢さんの食いつき方が非常によかったそうですよ。

でもサイズは大人と子どもの2つがありますので、ステファニーさんのように大人でもこういうのがOKな方はどうぞ!
(私のお知り合いの方にもいます。あ、お子さんのなのかな?)

鹿ハットの作り方はわりとカンタンです。
帽子、角、耳ともに輪編みして作るのですが、帽子のゲージは14目ですので、haruhinaさんによればサクサク編めるそうです。
オリジナル作品使用糸のManos del Uruguay Wool Clasicaのゲージは16-18目ですが、これをちょっとゆるめに編んでいます。
角は白系で作り、フェルト化しますが、これを茶系にして枝角の大きさをそろえたり、先を太くするとトナカイっぽく見えるかもしれませんね^^。
haruhinaさんは角をつける前の写真もアップされてましたが、角なしの小鹿ちゃんもかわいかったりします。
さてお嬢さんの着画。奈良公園までご家族でお出かけになって、撮っていただきました。
 
(でもお嬢さんはシカが怖かったそう^^;。顛末はこちらで)

作ってもかぶっても楽しい帽子を皆さんもどうぞ^^:Deer with little antlers hat [TOK003]

いつもありがとうございます。シェア、ポチ等お願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

ニョキニョキ帽Seedlingリリースしました

Seedling1皆さん、こんにちは。

先日よりCozysunnydayさんにテストしていただいていたニット帽Seedlingをリリースいたします。

Seedlingは芽ばえというネーミングどおり、新しく生えた芽が伸びていく様子を表したかわいらしいニット帽。
まだ寒いけれど春が待ち遠しいこの季節にピッタリな帽子です。

帽子の形はちょっぴりルーズなビーニースタイル。
葉っぱの模様を浮き上がらせるために地は輪編みで裏メリヤス編みをするので、表編みの帽子より難易度はちょっぴり上がります。
星は中級者さん向きの3つとしておきました。
編みあがりで裏目が揃っていなかったら、スチームではなく、水通しをしてみて下さいね。
きっと見違えるように仕上がりが変わりますよ。

Seedling5アラーナさんは、試作品を2色で作られています。
スモーキーなライトグリーンもステキですね。

皆さんもキレイな色で編んで、春を先取りして下さいね!

パターンはこちらから:Seedling[AD008]

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

モガ風帽子、Oak Trailリリースしました。

皆さん、こんにちは。

大変お待たせいたしましたが、ひろねこさんにテストニットしていただいたOak Trailをリリースいたします。

Oak Trailはアラーナ・デイコスさんのパターンブック、Botanical Knits掲載のパターン。
紙版およびeBookでリリースされているのですが、アラーナさんのご好意によりパターンを個別に販売させていただけることになりました。

Oak Trailはその第1弾で、編み方がとても面白い帽子です。
ひろねこさんが詳しくレポしてくださっていますが、まずブリムを平編みし、上側から目を拾って輪編みにします。
オークの葉は輪にしてから編むのですが、葉の模様が浮き上がるように編み方も工夫されています。
思わずうなってしまう玄人好みの(?)つくりですよ。
oak-trail-cover

でもこの帽子の一番目を引くポイントはそのスタイル。
oak-trail2クローシュ(フランス語で釣り鐘です^^)スタイルと言うのですが、アールデコ時代の女性や昭和初期のモダンガールがミディアムロングのワンピースに合わせてかぶっていた帽子です。
白黒の無声映画に出てくるあの感じ。
(先日フランスでも『風立ちぬ』が公開されて見に行ったのですが、菜穂子さん^^がかぶっていましたね)。

ニット帽はどうしてもカジュアルになりがちですが、このパターンを見たときはニット帽もあるんだ~、という新鮮な驚きを感じました。
しかもモデル作品の使用糸はMadelinetoshの並太糸、Tosh VintageのFrench Grey色。
糸と色の選択も粋です。
皆さんもシックに仕上げて下さいね。
もちろんカジュアルな格好と合わせても葉っぱがかわいいと思いますよ^^。

パターンのページはこちら:Oak Trail[AD007]

Botanical Knitsのパターンはこれから春に向けて順次リリースしていきますのでお楽しみに!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

ルームシューズ&帽子セットLittle Babigリリースです

皆さん、こんにちは~。

先日のアンケートにご回答いただいた方は貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました!
私も投票したGlacier Sweep とGyllisが人気なのですが、影響してしまったかな^^;。

さて、今日は新作のご案内です。
Facebookではテストニッターkomadoriさんの写真をアップさせていただいていたんですが、
コリガンシリーズが人気のソレン・クイクス=ロアレールさんによるLittle babig です。

ベビー、トドラー向けのシリーズで、ブーツ型のルームシューズと帽子がセットのとんがりがかわいいデザイン。

 

どちらも不思議な形をしていますが、輪編みではなく棒針の往復編みで、この形を作っていきます。
ルームシューズの方はさすがに最後にはぎますが、
とんがり帽子はとじはぎはほとんどなし(糸始末はして下さいね~^^)。
最後に前の縁の5目を棒針の引き抜きはぎでとじるだけです。
3 needles Bind Offですね。
写真つきのチュートリアルがパターンに載っていて、とても親切だと思いました。
フランスって赤ちゃんが生まれる時に編み物を始める人がけっこういるんですよね。
だからかな。

さて、サイズはルームシューズが3サイズ展開で、実際の足の大きさで10cm~17.5cmまで。
できあがり寸法はもう少し小さくなります。
帽子はお人形サイズ+ベビー1、2、トドラーの4つで、うなじからとんがりのてっぺんまでの高さが12~18.5cmです。
帽子はあご紐がついていて、きっちり留められるようになっているのも嬉しい配慮ですね。

komadoriさんにいただいた写真をこちらでも公開しますね~(クリックしたら大きいサイズでご覧いただけます^^)。


使われた糸は、帽子はておりやのナチュラルスラブとピエロのスーパーウールの引き揃え。
スラブウールのムチムチ感がいいですね。
ブーツの方は、赤い糸はておりやさんの11年コレクション、底はピエロのプロバンスシリーズの糸を2本どり、紫は謎の在庫糸だそうです。紫の糸が足りなさそうだったので底の糸を違うものにしたのだそうですが、これはステキなアイデアですね!

お子さまのコビト化計画にどうぞ~。Little Babig[SCL00]

Brynja Beret リリースです!


皆さん、こんにちは!
rokoさんのステキなテストニット作品を見て気になっていた方、大変お待たせいたしました!
Brynja Beretリリースですよ~♪

rokoさんがブログでいろいろと解説して下さっていますが、
このパターン、最初から最後まで変化があって、
飽きずに編める作品です。

まず、作り目。
ドイツのねじり作り目(German Twisted CO)という
方法を使います。
指でかける作り目の一種なのですが、ちょっとひねって
目を作るので、表裏がほぼ同じの、丈夫な目が出来ます。

こちらはチュートリアルからの写真の抜粋。
左はねじり作り目と普通の指でかける作り目の比較。右はねじり作り目の裏(編地の表側)です。
 
それからこれは英語圏の呼び方で、アイスランドではノルウェーの古い作り目と言うよう。面白いですね。

 


次にゴム編み。1目ゴム編みのように見えますが、
ここにもひねりがきいています。
この写真ではちょっと見えにくいかなー。

メリヤス編みに入ったら、ブリーニャでおなじみのお楽しみの編みこみ模様が待っています^^。
この模様、北欧では伝統的なバラのモチーフなのだとか。
本当にかわいいですよね。

その後、減らし目をし、色替えをして出来上がりなんですが、
ここにも輪編みで色を替えるときに段差が出来ないテクが紹介されています。
海外のパターンって、勉強になりますよね~。

 

モデルの色はかなりヴィヴィッドな色づかいですが、rokoさんのような配色にするとぐっと大人っぽくなりますよ♪
赤と黒なんてドラマチック!

rokoさん写真ありがとうございました。
もっとご覧になりたい方はこちらで堪能して下さい

このベレー帽、ブリーニャとおそろいで作ってもかわいいと思いますよ~。
サイズはSからLまで、頭回り40.5、48、53.5センチ。
小さいかなと思われる方は、ブロッキングや、太い針で編むことで大きめに作ることもできます。
(rokoさんが作られたのはLサイズだそうです)

母娘おそろいもかわいいかも♥
また、今Brynjaの子ども版、Brynja Litlaも準備中です。
先日テストニットをお願いしましたよ♪

パターンはこちらから ☆ブリーニャベレー[HM002]

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

Stephen WestさんのDustland MittsとHat、同時リリースします


皆さん、こんにちは!
もう12月ですね~。

先日よりcozysunnydayさんにテストしていただいていた
ダストランド・ミッツとハットをリリースします!

本当はMittsを先にリリースしようと思っていたのですが、
せっかく両方とも完成させていただいたので、予定を変更
いたしました^^。

どちらも表目と裏目の組み合わせで模様を作り出していく、ガーンジー風のパターン(ガンディーじゃないよ^^)。
簡単だけれどどんどん変化していく模様に、編む手が止まらなくなります。

Mittsのほうは、指なしの長めのデミグローブ。
cozysunnydayさんもブログで完成報告をされた時におっしゃっていましたが、
やや長め。
できあがり寸法は丈が33cmで、手回りが20cmです。
写真はイイ男ばっかり映ってますが、男子だけにさせておくのはもったいない!
なのでユニセックスにしましょうね♪

パターンは1サイズで、指定では中細糸を5号針で編みます。
でも手回りがこれでは大きすぎる、女性サイズにしたい!場合は、
針の号数を落とすとことで手回りを小さく出来ます。
(私はこのままでOKなんですが^^;)。

指定の号数の針と糸のタイプで編むなら、私の計算では作り目の数を
4の倍数減らせばOKなハズです^^。
長めのをちょっとルーズにもたつかせた感じにするデザインなのですが、
もう少し短くしたいという方は模様のくり返しを減らすとよいでしょう。

Hatも模様はほぼ同じ。
こちらはサイズ展開がS、M、Lの3サイズあります。
できあがり寸法が48、53、57cm。
ニット帽は伸び分がありますので、頭囲よりやや小さめのサイズをお選びください。
ちなみにスティーヴンさんがかぶっているのはMサイズ。
頭囲は57cmだそうです。
木こり風?のお友達(?)がかぶっているグレーバージョン(→)はSサイズだそう。

並太糸で編むので、こちらの方は初級ニッターさんでも難しくないと思います。
段染め糸より単色系の糸の方が模様がきれいに出ます。
でも、cozysunnydayさんのちょっぴりツイード系の糸でもステキです!

クリスマスなどの直前になって編むプレゼントのことをLast minutes giftと
言いますが、そんな土壇場で作るプレゼントにもピッタリです。
どちらも早い方なら1日で編めてしまいますよ!

パターンはこちらから。
ダストランド・ミッツ[SW009] & ダストランド・ハット[SW010]

ミッツ、ハットともにスティーヴンさんに許可を得て、模様の編み図もつけました。
英語版よりわかりやすくなっていると思います*^^*。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

イケメン様♥ ニットキャップ&ネックウォーマーセット

マルティナ・ベームさんのカウル&リストウォーマーセットに続き、
セットのパターンのご案内です。
今回はスティーヴン・ウェストさんのキャップ&ネックウォーマー。
ラベリーでも大人気のパターンです。

Windschiefと書くのですが、英語風に/ウィンズチーフ/と読んだら
間違ってましたー。
Winds-chiefで切っちゃいけないそうです。
ドイツ語の単語で、Wind-schiefで切ってヴィント-シーフ。
傾いた、という意味だそう。

そういうわけで、ヴィント-シーフはパターン名どおり、斜めに走る
ねじりゴム編みが利いているスタイリッシュなデザイン。
ネックウォーマーとキャップをほぼ同じ作り方で作っていきます。
並太糸を8号の輪針または4本針で編んでいくのでさくさく編めます。
輪編みが初めてという方は、こういうシンプルな小物から始めましょう♪
やめられないとまらない~で、やみつきになりますよー。

彼またはダンナ様へのクリスマスプレゼントにもピッタリです。
特に、マフラーがめんどくさいという男性にはネックウォーマーって便利ですよね。
初級ニッターさんでも今から作れば大丈夫!

テストニットしていただいたのは、皆さんもご存知のカリスマニッター&デザイナーのrokoさん
rokoさんはいつもアレンジがお上手で感心してしまうのですが、今回もやってくれました^^。
キャップの方は本来ぴったり目のデザインなのですが、パターンよりもかぶりを6~8cmほど深く編んでルーズに。
こちらから彼女の作品をご覧下さいね!
これなら今どきの若者(わ、オバサンくさい言い方)でもかぶれますねー。

rokoさんからうかがったのですが、スティーヴンさんは一部ニッターさんの間で
イケメンさまで通っているのだそうです^^。
だからと言うわけではないのですが、テキストパターンって、日本語にすると
どうしても長くなって、オリジナル版よりもページ数が増えてしまうので、
空いたスペースを埋めるために写真を入れているのですよ。
で、私は役得(?)で、写真選びを楽しませていただいています^^♥。

まあでもこんなcuteな男の子が女の人ばかりの編み物界に登場したら
人気が出るのは当たり前かなあ。

話をパターンに戻すと、糸は単色でもゴム編みがきれいに出ていいと思うのですが、セミソリッドという、単色なんだけれど、手染めならではの微妙なグラデーションがある糸もステキだと思います。
上の写真の茶色のカウルはそんなマラブリゴのWorsted。
ラベリーでも、この糸を使ってキャップを編んでいる方が大勢います。
日本ではYarnaholicさんで販売していますよ^^。

 

Windschief_violaversion
個人的にズッキュンと来たのは、カラーチェンジが控えめな段染め糸で編んだ、
この←バージョン。

父にプレゼントするバージョン(65のおじいさんですが、パターンのリンクを送ったらイヤとはいわなかった)を普通の単色の糸(ドログリーのSurnaturelleを2本取り)で編んだので、ダンナの分を同じような段染め糸で編んでみたいと思っています。
ああ、いい色~。。。
かぶってくれるかなー。

あ、パターンはこちらからです:ヴィント-シーフ[SW007]

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^;。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

◆NEW!!◆ ルーズめニット帽“ジェスペグ”


皆さん、こんにちは~。
日本もだいぶ涼しくなってきたようですね。
(今朝は吐く息が白かったフランス北部です)
ニッターさんには楽しく忙しい季節がやって来ましたね!

こう涼しくなってくるとあったか小物を作りたく(量産したく?)なる
ものですが、前回に引き続き、ニット帽のパターンをご紹介します。

今日のパターンは、寒い寒いカナダの(今のところはそうでもないよう
だけれど)アリアーヌ・キャロン=ラコストさんのジェスペグ。
このパターンも夏前にいただいていたんですが、
やっと出せるようになったという感じです。

ご覧のとおり、ダブルダイヤ模様と頭頂部の模様がともに美しいのですが、
てっぺんがルーズに余るよう、高さを出してデザインしてあります。
そのあたりの感覚はやはり若い彼女ならでは。

サイズもS(ブルー)とM(ピンク)の2つがあって、ルーズさやかぶり方にも違いが出てきます。
Mはラベリーの作品ページを見る限りでは、アリアーヌさんのピンクバージョンより
若干ゆるめ、高めで天辺が垂れる感じの方が多いですね。

テストニッターの方によれば、Mサイズだと高さがかなり出るので、
頭のサイズにピッタリ合うように作りたい方は模様のリピートを
1.5回に減らすといいかもということでした。
アドバイス、ありがとうございます♪

パターンの使用糸について時々お問い合わせをいただくのですが、
ブルーがアメリカのCascade Yarnsというメーカーの220という並太糸、
ピンクはMadelinetoshのTosh Vintageです。ボルドー系ピンクの色はIsadora。

模様編みは編み図もついていますので(テキストバージョンもついていると言うべきなのか)、
文章苦手!という方も安心して編んでいただけますよ♪

パターンはこちら:ジェスペグ[FS004]

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

コリガン・ハット(NEW!!)&ブランケット

こんにちは~。
今日は新商品と、すでにお取り扱いしている商品の2点の
お知らせです。

2点一挙にご紹介するのは、シリーズものだから。
すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、だんだん
細くなっていく縄編み模様が美しい「コリガンシリーズ」です。
デザイナーはフランスのソレン・クイクス=ロアレールさん。

生まれてくる赤ちゃんのためにデザインした縄編み模様の
カーディガンが発端となり、同じ模様を使ったおくるみと、
ニット帽、それからお姉さん向けのカーディガンをシリーズとして展開されています。

 

当店でお取り扱いしているのは、今のところおくるみとニット帽のみです。というのも、カーディガンのパターンはどちらもレイアウトを見直したいとのことなのです。
でもソレンさんは今、フランス産の毛糸のオンラインショップを起こされていてお忙しいので、気長に待ってあげて下さいね。

このコリガンハットは赤ちゃん向けの3サイズから、キッズ、大人S、大人と全5サイズの展開。
頭囲では30cm~60cmにあたります。

 

デザインも頭頂部がちょこんととんがったバージョン(↑)と、ポンポンをつけるバージョン(もちろんつけなくてもOK!)、
それにへりを折り返してかぶるバージョン(ポンポンをつけてもOK)と選択肢が広いです。
家族全員で楽しめるますよ~!

パターンはこちらからどうぞ コリガン・ハット

以前から販売しているコリガン・ブランケットは赤ちゃんの
おくるみです。
縄編みを4隅と4辺に配した正方形の編地を輪編みで編んでいきます。こう言うだけで面白そうでしょう?

しかも、おくるみにしてはもったいない美しさ!
こちらもサイズを若干調節できるようになっていますので、大きめに編めばひざ掛けやスローなどにも出来ますよ!
私も今ウールxアルパカ糸を物色中です♪

パターンはこちら コリガン・ブランケット

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

◆新商品◆ オータムリーフベレー

オータムリーフベレー今回も秋物の新商品のご案内です。
昨日チュートリアルをアップした“指でかける裏目の作り目”を使った
パターンですよ^^。

パターンはその名もオータムリーフベレー。
秋色の糸や繊細なリーフ模様など、すべてが秋らしい帽子ですよね。

で、このベレーのブリムのに指でかける裏目の作り目と表目の作り目が
組み合わせて使われているのですよ。
チャーミング(写真はご本人)なだけでなく、クリエイティブな
アラーナさんなのでした。

模様は交差編みが多用されているのですが、編み図がついています!
ですので、海外パターンの長ったらしい(^^)編み方が苦手な方にも
編んでいただけます。

アラーナさんは当店でお取り扱いしているシダーリーフショーレットに合わせていらっしゃいます
(↓クリックすると大きくなります☆)。渋め色がマッチしていますね。

テストニットしていただいたKomadoriさんも、やっぱり落ち着いた秋っぽい色合いで作られています。
気になる糸はピエロさんのユウヤケノソラだそうです!

パターンはこちらから♪ オータムリーフベレー

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ